開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 2020/09/18

導入事例

ホワイトペーパー
イッツコム事例:コールセンター業務の応対品質改善に役立つ「AI支援システム」活用術
インターネットなどの通信サービスやテレビの多チャンネル放送などを提供するブロードバンド事業者であるイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)。同社では、技術的な問い合わせの電話窓口となる「テクニカルサポートセンター」業務に注力してきたが、サービスの多様化で問い合わせ内容が複雑化するなどオペレーターに求められる業務知識が増加し、その負担増加も課題となった。その解決策として、同社は「AIオペレーター支援システム」を導入。会話内容のテキスト化やリアルタイム解析による最適なコンテンツ提案などによって、経験の浅いオペレーターでもスムーズに応対できる体制を構築した。以下の資料では、同社の導入までの経緯や導入後の効果について担当者の声を交えて詳しく紹介する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●サービス多様化でオペレーター負担の増加が背景
●AIオペレーター支援システム採用の決め手
●導入による効果
【続きを見るには?】 コンテンツの閲覧に際してアンケートのご協力(本特集を通して1回のみ)および規約文への同意をお願いいたします。

1. 当該テーマやシステムへの取り組み状況をお聞かせください。

2. 導入、検討予定時期はいつ頃でしょうか。

3. IBM およびIBMの子会社、関連会社から、製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。

e-メールによる情報提供

電話による情報提供

郵便による情報提供

下記に同意した上で、クリックしてください。

<規約同意事項>
・お客様の個人情報は、[規約に同意して閲覧する]ボタンのクリック後、日本アイ・ビー・エム株式会社に提供されます。
・提供後、お客様の個人情報は日本アイ・ビー・エム株式会社の IBM プライバシー・ステートメントに記す内容に基づき、お客様とのコンタクトおよび情報提供(Eメール、ダイレクトメール、FAX、電話によるご案内)のために利用されます。
・提供後、お客様の個人情報は日本アイ・ビー・エム株式会社の IBM プライバシー・ステートメントの下で適切に取り扱われます。
*1: IBMの子会社、関連会社ページ : http://www.ibm.com/ibm/jp/ja/keireki.pdf#subsidiaries
マーケティングに関する同意は、opt-out requestを送信することにより、いつでも取り消すことができます。また、該当の E メール内の、購読を中止するためのリンクをクリックすることで、マーケティングに関する E メールの受信を中止することができます。

処理に関する詳しい情報は、IBM プライバシー・ステートメント をご覧ください。 このフォームを送信することで、私は IBM プライバシー・ステートメントを読み、これを理解したものとします。

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!