開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/11/26

導入事例

ホワイトペーパー
数百ペタバイト級も最適管理!高エネルギー加速器研究機構が選んだ最強ストレージとは
高エネルギー加速器研究機構(KEK)が参画する国際的な素粒子実験プロジェクト「Belle II 実験」では、今後1日当たり200テラバイト以上のデータが生成されることが見込まれている。KEKでは、従来比40倍の性能向上を目指す新型加速器の膨大な実験データを確実に蓄積し、研究者にスムーズな高速アクセスを提供することを目的としてITインフラを刷新。爆発的に膨れ上がる実験データの解析を支える信頼性の高い、高速処理が可能なストレージ基盤を構築した。同機構が最適なストレージ基盤の運用形態を実現できた理由を紹介する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●爆発的に膨れ上がる実験データの解析を支えるストレージ基盤が必要に
●信頼性と可用性、可用性などの観点で選ばれた「階層型ストレージシステム」
●数百ペタバイト級以上のデータを高い信頼性と高速性能で確実に保管

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!