開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/24

技術文書

ホワイトペーパー
不正侵入で1時間あたり5万ドルの損失…クラウドの脅威分析レポートから分かること
ITリソースの運用の拡大と迅速化のためにクラウド環境を利用する組織がますます増えている。その一方で、クラウド領域におけるサイバー脅威も高まっており、攻撃者がクラウド環境をターゲットとする最も一般的な動機は金銭的利益だ。本書はクラウド関連のサイバーセキュリティ・インシデントを分析したレポートだ。クラウド環境の構成ミスにより、2019年には10億を超えるデータの不正流失が明らかになった。被害を受ける組織とクラウドで実行されるアプリケーションの種類に応じ、システムへの侵入によって1時間あたり5万ドル超の損失が発生している。こうした結果に基づき、クラウドシステムをターゲットにする攻撃者の侵入手法やクラウドセキュリティで一般的に観察される欠陥、組織のセキュリティ体制を改善する推奨事項などを詳しく解説する。
ページ数:26ページ
目次(一部抜粋)
●クラウド・システムをターゲットにする攻撃者
●クラウド・セキュリティで一般的に観察される欠陥
●組織のクラウド・セキュリティ体制を改善する推奨事項

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!