イベント・セミナーランキング

コロナ禍以降、ランサムウェア被害を代表とする企業のセキュリティインシデントは世界中で連日のようにニュース・報道等で伝えられており、不安定な社会情勢も相まって状況はより深刻化しています。 複雑化・高度化するサイバー攻撃からビジネスデータやデバイスを守るためにはゼロトラストをベースとした持続可能なセキュリティ体制を構築・運用することが求められる一方で、限られた社内リソースの中で専門的な知識や経験を持つ人材を確保・育成することは困難であり、特にハイブリッドワークを支える Microsoft 365 等のクラウドサービスを利用する企業にとって緊急の課題となっています。 本セミナーでは、最新のセキュリティ事情やインシデント事例を交えセキュリティ対策の最適解を探るとともに、Microsoft 365を利用する企業における具体的な対策方法についてご紹介します。 こんな課題を抱える方におすすめ 特にMicrosoft 365を利用されている企業において、 ・セキュリティ対策の考え方やポイントを知りたい ・セキュリティ人材の確保に苦慮している ・セキュリティ対策に掛けられるコストに限界がある

ランサムウェアによる個人情報漏洩事件が多発しています! ランサムウェアはネットワークに侵入した後、単一の場所に留まることなく、エンドポイント、サーバ、データベースなどに横移動(ラテラルムーブメント)を行いながら、徐々に権限を拡大し、重要情報を探します。 このような攻撃に対処するには、従来の「ネットワーク内部は安全で信頼できる」、という境界型のアプローチではなく、「ネットワーク内部のすべてのシステムと通信を信頼せず、常に接続の信頼性を確認する」、というゼロトラストの考え方が有効です。 ゼロトラストネットワークの構築には、ネットワークを細分化しアクセスを制限する「マイクロセグメンテーション」とEDRを中心とした「エンドポイントセキュリティ」が重要です。 本セミナーでは、マイクロセグメンテーションを実現する「Akamai GuardicoreSegmentation」と、EDRを中心に次世代アンチウィルスなどを含む総合的なエンドポイントセキュリティを実現する「CrowdStrike Falcon」によるゼロトラストネットワーク構築についてご案内いたします。

昨今話題になっている業務でのAI活用。「ChatGPTに領収書を読み取ってもらうと仕訳もできるようになる」という話がXで話題になっていましたが、仕訳業務を効率化できるのはChatGPTだけに限りません。 本セミナーでは経理業務でのAI・ChatGPT活用やAIによって経理の現場に起こる変化についてご紹介し、AIを効率よく活用し経理業務を効率化するポイントを3つに分けてご紹介します。 また、「やっておけばよかったバックオフィスの後悔」として、先人が陥ったアンチパターンから、成長企業が取り組むべき体制構築についてもご紹介します。 日々お取引の増え続ける成長企業の”兼務”経理担当者の方、経理業務に残る非効率な部分を早期に改善したいと考える方、月次決算の早期化に早くから腰を据えて取り組みたい方におすすめです。 こんな方におすすめ ・経理業務におけるAI活用に興味がある方 ・10~100名規模程度の成長企業の経営者・担当者の方 ・他職種と兼務で経理業務を行っており、改善に手がつけられていないと感じている方 ・業務プロセス改善や月次決算の早期化について課題を感じている方


処理に失敗しました

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました