サイト内検索

本セミナーはアーカイブ配信を予定しておりません。 ぜひリアルタイムでご視聴ください。 施策はとりあえず回しているが、目の前の業務に追われ、戦略的な動きが出来てないというマーケターや営業企画部門の方は多いのではないでしょうか。 営業部門から要求されるリードは年々増加し、常に「リードが足りない」という課題を持っている企業様も少なくありません。 本ウェビナーでは2024年6月26日に『最高の打ち手が見つかるマーケティングの実践ガイド』を上梓されたEVeM社の富家 翔平氏をお招きします。 富家氏はコニカミノルタジャパン社で全社マーケティング部門の立ち上げを行い、多くのマーケティング施策の策定、実行をされてきました。その知見をまとめた著作は早くもBtoBマーケティング界隈で話題になっています。 ウェビナーでは書籍の深堀り、さらに書籍では書けなかった実践的なノウハウをお話いただきます。特にリードジェン、ナーチャリングにおいてのデータ活用について解説いただきます。 ぜひお気軽にご参加ください。 ■こんな方に向けたセミナーです  ・マーケティング施策の効果的な進め方を知りたい  ・リードジェン、ナーチャリングに課題がある  ・富家氏の書籍を読んで、さらに深堀りした情報を知りたい

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 野村総合研究所 ICT・コンテンツ産業コンサルティング部 グループマネージャー 小林 慎太郎(こばやし しんたろう) 氏 【重点講義内容】 安心・安全に個人情報・パーソナルデータを活用するためには、法令遵守に加え、プライバシー保護が不可欠です。しかし、多くの企業では、組織的な取組ができておらず、炎上事件が後を絶ちません。あるいは、炎上が怖くてデータ活用に踏み出せず、手をこまねいている状況です。 本講義では、プライバシーガバナンス構築のポイントを、基本から応用まで、具体の企業の事例を織り交ぜながら丁寧に解説するとともに、AI法をはじめとする新たな規制の潮流も踏まえながら、イノベーションと両立する個人情報保護の実現方法を紹介します。 1.なぜプライバシーガバナンスが求められるのか  ・炎上事件のふりかえり  ・グローバルに進むプライバシー規制強化  ・個人情報保護法3年ごと見直し 2.プライバシーガバナンスの基本  ・データマッピング-すべての基本  ・プライバシー影響評価(PIA)-本質はコンセンサス形成  ・プライバシー保護組織-専門組織は必要か  ・プライバシーポリシー-消費者とのコミュニケーションツール 3.失敗しないプライバシーテックの活用方法  ・プライバシーマネジメント支援システム  ・プライバシー強化技術(PETs) 4.デジタルガバナンスへの対処  ・AI規制  ・IoTデータ  ・越境データ-DFFTは経済安全保障政策 5.質疑応答/名刺交換

Webメディアを運営している方であれば、こんなお悩みがあるのではないでしょうか。 「オーガニック経由の流入数を増やしたいけど、何から手をつけるべきかわからない」 「記事は一定数を公開し続けているが、流入がなかなか増えない」 「自社サイトにおける記事のライターを育成し、将来的には内製化したい」 このセミナーでは、そのようなお悩みや意欲をお持ちの方にぜひご参加いただければと思います。 今回は、JTBパブリッシング様が運営されるサイト『るるぶ&more.』のSEO事例をご紹介。 お取り組み開始当初、JTBパブリッシング様全体で情報発信のDXに取り組んでおり、SNS 運用や自社サイトの強化に取り組まれておりました。 また、メディアの運用にあたっては将来的な内製化を見据えており、SEOで成果を創出できるライターの育成も要望がございました。 そのような状況において、弊社ではSEO において注力すべきジャンル(SEO戦略)の選定や内製化を見据えたお取り組みを支援する形でプロジェクトを開始しました。 コロナ禍で業界全体が大きく影響を受ける中で、るるぶ&more. 様においては トレンドの回復率を大きく超えて自然検索流入経由で前年対比で2倍以上のページビュー数を獲得することができました。 また、SEOによってサイトへのアクセスを増やすことに成功したこともあり、Webメディアの今後の展開方針についても戦略の拡大を模索しています。 今回は、WebメディアにおけるSEOの戦略の考え方や、やるべき施策を検討する際のポイント、及び具体的な施策事例を、弊社マーケティングチームが丁寧に解説していきます。 ご参加いただいた方には、特典として現在コンテンツ執筆において重要性が高まっているユーザーニーズを思考する際に役立つ「ユーザーインテントチェックシート」を差し上げます。

大量の個人情報の流出に関わるニュースを目にすることは珍しくない昨今ですが、最近でも数100万件規模の個人情報の不正流出のニュースが巷を騒がせていました。 内部関係者が企業の重要な情報を、持ち出せないようにするには何ができるのか、持ち出された事にどう気づけるのか、持ち出されても利用できない仕組みはあるのか、IT部門、セキュリティ部門の担当者は長年対策に苦慮しているのが実情です。 クラウドストライクは、このような課題に対して、『データ保護ソリューション』を新たに提供します。 このウェビナーでは、昨今の国内における内部不正による情報漏洩事件を振り返り、また各種コンプライアンスや規制における情報漏洩対策要求にも触れ、どのような対策が有効であるかを紐解きます。そしてクラウドストライク製品を紹介するとともに、従来のDLPにおける課題にも触れたいと思います。 クラウドストライクなら、サイバー攻撃者による情報の持ち出し、ディープウェブやダークウェブでの情報の販売などのデジタルリスクまで含め、情報漏洩への対応が可能です。

IMDRFや米国FD&C法をはじめとして、医療機器およびヘルスソフトウェアに対するサイバーセキュリティ対策の規制が厳格化しています。 2024年4月よりJIS T 81001-5-1が必須となった改正薬機法でも、開発・製造時はもちろんのこと、計画策定時から販売後の脆弱性情報収集/対応まで、ライフサイクル全体にわたるサイバーセキュリティ管理体制の構築とプロセスの整備が求められています。 本セミナーでは、SGSジャパンより医療機器・ヘルスソフトウェアに関わるセキュリティ法規・規制の概要を、日本シノプシスよりそれらに対応するためのソフトウェア・セキュリティ・ソリューションをご紹介いたします。 ◆セッション1 「2024年4月より薬機法でも採用!医療機器セキュリティ法規・規制概要」 SGSジャパン C&P Connectivity Functional Safety プロジェクトマネージャ 河野 喜一様  医療機器セキュリティ法規・規制の動向およびそれにより指定されているIEC 62443-4-1・IEC 81001-5-1(JIS T 81001-5-1)に従ったソフトウェアのセキュリティ開発プロセスについてご説明いたします。  -医療機器のセキュリティ問題例  -医療機器のセキュリティ法規と規格  -医療機器のセキュリティ規格IEC 81001-5-1/IEC 62443 ◆セッション2 「医療機器サイバーセキュリティ対策:JIS T 81001-5-1で求められるセキュリティ・テストとSBOM管理」 日本シノプシス ソフトウェア・インテグリティ・グループ シニア・セールス・エンジニア 中野 哲也 近年、医療機器を狙うサイバー攻撃が巧妙化しており、患者の安全と組織の信頼を守るために、適切な対策が不可欠です。本セッションでは、本年から適合要件基準として採用されたJIS T 81001-5-1および医療機器のサイバーセキュリティ導入に関する手引書の内容から、医療機器サイバーセキュリティ対策で求められるセキュリティ・テストとSBOM管理の重要性と具体的な方法について説明します。 ◆セッション3 「今求められる医療機器のサイバーセキュリティ対策と、それを支援するコンサルティング・サービス」 日本シノプシス ソフトウェア・インテグリティ・グループ マネージング・プリンシパル 大森 健史 医療機器の製品ライフサイクルで必要とされている多岐にわたるサイバーセキュリティ活動を計画し、実施し、文書化するには、製品に対する知識はもちろんのこと、サイバーセキュリティについての深い造詣も必要となります。 本セッションでは、今求められているサイバーセキュリティ対策を概説するとともに、シノプシス SIGが提供するコンサルティング・サービスの代表例として、サイバーセキュリティ・ポリシー/プロセス改善支援、SBOM管理改善支援、脅威モデリング、ペネトレーション・テストについてご紹介します。

【概要】 新Vポイントが誕生する中、他の主要な決済・共通ポイント陣営も企業間連携やサービス変更を手掛けるなど、その陣容強化が相次いで行われてきています。 こうした動きもあって、各決済・ポイント経済圏の立ち位置が変わりつつあります。官民挙げてのポイントバブルの落ち着きも相まって、競争状態は次のステージへと移行してきていると言えるでしょう。今後は質的な側面も、その優劣に大きな影響を与えるようになってきます。 また決済とポイントとの連携強化や融合は、生活者やポイント加盟店におけるそれぞれの位置づけを変え、ひいては決済・ポイントビジネスの様相をも変えていく可能性があります。 本セミナーでは、激しく変化している決済・ポイントのこうした現状を整理しながら、今後の見通しを解説していきます。 【本セミナーで得られること】 ・決済・ポイントに関する基礎的な知識と理解 ・実店舗での決済・ポイント利活用に関する将来見通し 【推奨対象】 金融機関の営業部門、企画部門、デジタル部門の責任者・実務担当者、システム会社 【セミナー詳細】 1.合従連衡は一段落? (1)企業間連携による陣営強化 (2)脱・共通ポイント (3)次のトリガー 2.決済・ポイント経済圏の競争要因 (1)4つの競争要因 (2)質の時代の幕開け (3)"2つの顧客"中心主義 3.各陣営の現在地 (1)共通ポイント陣営 (2)その他の陣営 4.決済・ポイント経済圏の将来像 (1)購買体験の向上 (2)決済・ポイント融合の副次効果 (3)経済圏としての戦略オプション 5.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URL(ウェビナーID/パスワード含む)とPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/08/02(金)13時~2024/08/09(金)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【重点講義内容】 Ⅰ.「空飛ぶクルマ」の制度ならびに政策動向 東京大学 名誉教授/ 未来ビジョン研究センター 特任教授 鈴木 真二(すずき しんじ) 氏 13:00~13:55 「空飛ぶクルマ」はわが国では2025年大阪関西万博を、海外では2024~25年を目標に型式証明取得が進められている。「空飛ぶクルマ」は電動主直離着陸機(eVTOL)という過去にない航空機であり、認証制度作りが課題であり、運航に関しても、そのための離発着施設の規格制定も必要など、制度面での整備が政策的に進められている。そうした状況を概説したい。 1.空飛ぶクルマの原理と設計の進化 2.空飛ぶクルマの型式証明の方向性 3.空飛ぶクルマ運航のための環境整備 4.その他 5.質疑応答/名刺交換 Ⅱ.AAM(空飛ぶクルマ)の実像:  「3つの約束」と2030年に向けての実現化シナリオ 航想研 代表/ 航空機国際共同開発促進基金(IADF) 理事 奥田 章順(おくだ あきのぶ) 氏 14:00~14:55 2025年の大阪関西万博で国内でも話題となっている「空飛ぶクルマ」だが、海外ではAAM(Advanced Air Mobility)、eVTOL(electric VTOL)と呼ばれる次世代エアモビリティで、「航空機」である。その実現化、社会実装には「安全」、「安心」、「継続」という、AAM(空飛ぶクルマ)としての3つの約束が必要となる。「安全」は言うまでも無く認証・認可であり、「安心」はPE(Public Engagement)やPA(Public Acceptance)など。そして、社会実装されたAAM(空飛ぶクルマ)がビジネスなどで(このためにはインフラやエコシステムが必須)、継続的に運用されることが重要となる。ここでは、海外の最新動向と取組から「3つの約束」の実状と直面している課題、海外で先行する2030年に向けての実現化シナリオについて概説して、AAM(空飛ぶクルマ)の実像と今後を考察する。 1.最新のAAM(空飛ぶクルマ)の動向と「3つの約束」 2.「安全」:AAM(空飛ぶクルマ)の認証・認可と取組動向と今後(型式認証、操縦資格、運航認可等) 3.「安心」:AAM(空飛ぶクルマ)の社会実装に向けての取組動向と今後(鍵となる公共性) 4.「継続」:AAM(空飛ぶクルマ)のアプリケーションと事業採算性 5.2030年に向けての実現化シナリオ(注目される2028年とその後) 6.質疑応答/名刺交換 Ⅲ.「自由な空の移動」実現に向けた交通管理と   社会受容の課題と世界の取り組み事例 東京大学大学院工学系研究科  航空宇宙工学専攻 特任研究員 中村 裕子(なかむら ひろこ) 氏 15:05~16:00 「空飛ぶクルマ」へは、自由な空の移動による課題解決への期待と、製造業としての新市場の開拓への意欲が、集まっています。この講演では、その自由な移動を築くための交通管理の視点、また、社会実装に必要な直接の顧客とはなり得ない地域住人との信頼の構築について焦点を当て、海外都市の次世代エアモビリティ計画とその進捗レポートから、交通管理の課題の整理や地域で望ましいアクションについての事例を紹介したいと思います。 1.次世代エアモビリティの概要 2.交通管理の視点での課題の整理 3.Vertiportの実装に向けた海外の取り組み事例 4.その他のモビリティとのインフラ共用に向けた海外の取り組み事例 5.「社会受容の醸成」の落とし穴、地域と共に創る取り組み事例 6.質疑応答/名刺交換 Ⅳ.空飛ぶクルマの機体開発動向と社会実装に向けた日本国内の取組み 日本政策投資銀行 産業調査部 調査役 岩本 学(いわもと まなぶ) 氏 16:05~17:00 世界各国の様々な企業が空飛ぶクルマの機体開発を進めており、2025-26年には複数の機体が商業運航を開始する可能性がある。ここ日本においても大阪万博をきっかけに新しいモビリティとして定着させるべく、多くの企業・自治体が社会実装に取り組んでいる。本講演では各機体メーカーの最新の状況を解説するとともに、日本国内の企業・自治の取組みについて網羅的に紹介し、今後の行く末を考察する。 1.主要な機体メーカーの最新動向 2.空飛ぶクルマに取り組む国内企業の紹介 3.国内の自治体の取組紹介 4.まとめ 5.質疑応答/名刺交換

DXやビジネスの推進に重要なキーワードとして目にすることが増えた「アジャイル」。日本では長らくIT用語としてのイメージが強かったものの、最近では「アジャイル経営」「アジャイル人事」といった広範な分野での活用が注目されています。この「アジャイル」な働き方がもたらす変革について、IT業界以外の方々にも楽しみながら体感していただけるワークショップ「アジャイル・レストラン」が新しく登場しました。 本研修では、「レストランの店舗運営」というイメージしやすいテーマで、顧客の声を聞きながら店舗の運営改善に取り組みます。アジャイルの主要な手法を適用して実践と改善のサイクルを繰り返すことで「アジャイルを取り入れるとはどういうことなのか」を体感していただきます。 無料体験会は、本研修を実際に受講していただき、その内容や効果を体感いただくためのイベントです。特に、以下のような方々に、お勧めです。 ・人事部や人材育成担当者など、人材育成を検討中の皆様 ・DX推進の責任者で、DXに対応できる組織の柔軟性や自律性に課題を感じている皆様 ・管理職で、部下のリスキリングの必要性を感じられている皆様 これまでに参加された方からは、 「身体を動かす研修を通じて、アジャイルへの理解が深まった」 「チーム全体で一体となって取り組むことで、難題も楽しく乗り越えられた」 「チームの一体感、協働、共有する文化、みんなで成長する精神を体感できた」 と好評の声をいただいています。 組織にアジャイルの考え方を取り入れたいけど何から始めればよいかお悩みの方や、DX推進やチームビルディングのヒントをお探しの方は、ぜひこの機会にご体験ください!

■配信期間:お申し込み後 ~ 2024-07-31 (水)13:00(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です) ■講義時間:約1時間 ■視聴案内:お申し込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。 ■支払期限:お申し込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。 ____________________________ 【概要】 ビジネス環境が厳しさを増すなか、地域銀行においては持続可能なビジネスモデルの構築が喫緊の課題となっています。 一方、近年、地域銀行に期待される役割が多様化しており、地域経済の活性化(地方創生)やデジタル化、脱炭素といった地域課題の解決に向けて、地域銀行には重要な役割が期待されています。 政府による銀行の業務範囲規制の見直しなどもあって、多くの地域銀行が非金融領域を含む新たなビジネスの育成に乗り出しています。 本セミナーでは、地域銀行に求められるビジネス戦略の方向性について、短期、中長期に分けて解説します。 【セミナー詳細】 1.地域銀行の直面する課題 2.地域銀行に求められるビジネス戦略の方向性 3.短期的な戦略 (1)貸出ビジネスの収益性改善 (2)リテールビジネスの収益性改善 4.長期的な戦略 (1)新ビジネス参入時のポイント (2)有望なビジネス領域  (a)地方創生  (b)デジタル  (c)脱炭素  (d)銀行向けビジネス (3)人材確保・育成の重要性 (4)再編・連携の在り方 【補足事項】 ※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 ※アプリからID・Passを入力してのご視聴はいただけません。  アクセス制限がある場合は、個人所有の端末等でご視聴をお願いします。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 ※講師との名刺交換は承っておりません。 ※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。動画をご視聴後にご連絡ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

■配信期間:お申し込み後 ~ 2024-07-31 (水)13:00(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です) ■講義時間:約4時間 ■視聴案内:お申し込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。 ■支払期限:お申し込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。 ____________________________ 【概要】 昨今、機械学習を軸としたAI技術が各産業に浸透し、多くの導入事例やその効果が報告されています。加えて、AI開発や導入の民主化も促進され、各クラウドベンダーはAutoMLと呼ばれる機械学習のプラットフォームの提供も進めており、非エンジニアによる高度な機械学習アルゴリズムを採用したAI開発を進める環境も整いつつあります。一方、大量のデータを日々業務に活用する銀行ビジネスは、機械学習との親和性は高い言われています。 このような状況下において、各種業務知見を豊富に有している銀行員が、日々扱っている定量(数値)データや定性(文章や状況)データを基に、AI開発に主導的な役割を担う事はますます求められ、また最前線で業務を遂行している銀行員がAI開発に深く関与することで、より効果的なAIがより効率的に開発できると期待できます。 本セミナーは4回のセッションで構成され、最新の機械学習プラットフォームの紹介や開発手法を紹介し、AI開発がより民主化されている時流を確認しつつ、フロントビジネスの最前線で活躍している銀行員の業務知見や経験を活用した、効果的なAIシステムを効率的に開発する手法を、リテールビジネスとホールセールビジネスを主軸に紹介します。 Part1. 金融機関のフロントビジネスための機械学習(AI構築) Part2. リテール・ビジネスでのデータ活用(AI構築含む)、および業務への応用 Part3. ホールセール・ビジネスでのデータ活用(AI構築含む)、および業務への応用 Part4. 金融犯罪防止や付加価値の高い拠点ビジネスを提供するためのデータ活用 【セミナー詳細】 Part1. 金融機関のフロントビジネスための機械学習(AI構築) (1)AIを使用する目的の明確化とビジネスで入手可能なデータの把握 (2)定量(数値)データと定性(文章や状態)データを用いた機械学習 (3)伝統的な金融機関のフロントビジネスの機械学習による高度化 Part2. リテール・ビジネスでのデータ活用(AI構築含む)、および業務への応用 (1)各営業店の顧客データの効率的なリテール・ビジネスへの応用 (2)預金獲得、目的別融資の提案に活かすデータ活用方法およびAIシステム (3)高度金融商品(投信や仕組預金など)セールスに活かすデータ活用方法およびAIシステム Part3. ホールセール・ビジネスでのデータ活用(AI構築含む)、および業務への応用 (1)事業承継、企業買収、商材マッチング等の銀行ビジネスへの応用方法 (2)目的別融資提案を効率化するデータ活用方法とAIシステム (3)送金データから見るビジネスチャンスとデータ分析手法 Part4. 金融犯罪防止や付加価値の高い拠点ビジネスを提供するためのデータ活用 (1)銀行データを活用した疑わしい取引の抽出と通報業務の効率化 (2)定量データと定性データを組み合わせた顧客への財務企画提案 (3)対話型システムを活用した拠点ビジネスの高収益化プラン 【補足事項】 ※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 ※アプリからID・Passを入力してのご視聴はいただけません。  アクセス制限がある場合は、個人所有の端末等でご視聴をお願いします。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 ※講師との名刺交換は承っておりません。 ※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。動画をご視聴後にご連絡ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

■配信期間:お申し込み後 ~ 2024-07-31 (水)13:00(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です) ■講義時間:約1.5時間 ■視聴案内:お申し込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。 ■支払期限:お申し込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。 ____________________________ 【概要】 本セミナーは2回のセッションで構成され、やイーデザイン損保におけるデータドリブン経営を推進するCoEに関する取り組みをご紹介します。 Part1. 損保業界のマーケティングの課題とその実践例 VUCA時代と言われる昨今、超同質化が進んでおり、損保業界において単なる商品やプロモーション以上に「マーケティング」が非常に重要になっています。本セッションでは、デジタルトランスフォーメーションを進めていく過程の中でマーケティング自体をUpdateした事例をお話しします。 Part2. データドリブン経営を推進するCoEの新設 ~お客さまとの共創を目指して~ 現在様々な企業でDXが進んでいます。その中でAIを活用するための前提としてのデータ利活用が重要と言われています。そしてこうした活用をどういった組織で実践し、その組織はどういう人材でどういう成果を出していくかは多くの企業で課題になっています。 本セッションでは2022年IT賞のトランスフォーメーション領域で受賞した「データドリブン経営を推進するCoE組織」の内容について実践例をご紹介します。この講座を通じてどのようにデータドリブン組織をインハウスで実践していくのかのノウハウをお伝えします。 Part1. 損保業界のマーケティングの課題とその実践例 Part2. データドリブン経営を推進するCoEの新設 ~お客さまとの共創を目指して~ 【セミナー詳細】 Part1. 損保業界のマーケティングの課題とその実践例 1.イーデザイン損保が実施した5つのX~UX、CX、DX、MX、BX~ (1)VUCA時代でのマーケティング上の課題 (2)従来型自動車保険からの変容 2.新商品、「共創する自動車保険 &e(アンディー)」 (1通常保険商品がどう進化したか (2)日々使われるサービスへの進化 3.データで安全な社会を作るパーパス施策(TVCM以外の施策実践) (1)もしかもマップ (2)自治体と一緒に社会課題を解決する「+まち」 (3)企業と一緒に社会課題を解決する「Safe Drive With」 Part2. データドリブン経営を推進するCoEの新設 ~お客さまとの共創を目指して~ 1.インシュアテック保険会社へのトランスフォーメーション (1)イーデザイン損保の紹介 (2)新商品&eの紹介 2.CoE組織創設の背景 (1)組織概要 (2)やっている活動の概要紹介 3.CoE立ち上げ時の取り組み内容 (1)組成コンセプト (2)組成までのストーリー 4.取組の成果 【補足事項】 ※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 ※アプリからID・Passを入力してのご視聴はいただけません。  アクセス制限がある場合は、個人所有の端末等でご視聴をお願いします。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 ※講師との名刺交換は承っておりません。 ※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。動画をご視聴後にご連絡ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

●企業における人材育成とはなにか? ●どのような人材が必要なのか? ●必要な人材に育成するための仕組みとは? 人材育成の基本がわかる入門セミナー開講! 「人的資本」が時代を表すキーワードとなっている昨今、 人材は管理すべき「資源」ではなく、活用・投資する「資本」であり 求める人材を育成することが、企業にとっての最重要課題と考えられています。 これからの時代、企業の成長は 人材育成の中核を担う教育担当者のみなさまに かかっているといえるでしょう。 そんな教育担当者のみなさまの中には 人材育成に携わってまだ日が浅い方もいらっしゃれば、 総務・人事など他業務との兼任で忙しく、人材育成の知識に不安を持つ方も いらっしゃるかもしれません。 この機会に、人材育成の担当者に求められる役割や 基本的な考え方、成功に導くポイントなどを改めて学んでみませんか? 本セミナーでは、13,000社以上の支援実績を持つ当社において 人材育成に関する本や記事の執筆や企業のアドバイザーを務めてきた 当社の取締役が登壇し、人材育成の基本とポイントを凝縮してお伝えします。 人材育成の中核を担い、会社を変えるのは 教育担当者であるあなたたちです。 どうぞ奮ってご参加ください。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1. 企業における人材育成とは 2. 人材要件を設定する 3. 育成施策を検討する *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

■こんな悩みを抱えている方、必見のセミナーです ・広告効果が思うように出ない ・自社広告が棄損されるのを防ぎたい ・ステマ規制など、法律や品質面での対策を知りたい 広告運用に携わるWeb広告担当者の皆様へ、特別なセミナーのご案内です! Web広告は常に進化し続けています。 新たな広告形式やプラットフォームの登場により、企業のブランドイメージ構築とビジネス成果を高めるチャンスが広がる一方で、重大なリスクも発生しています。 先日ステマ規制で行政処分が下りたニュースは記憶に新しいですね。 ステマ規制やアドフラウドなど、広告運用における品質確保と透明性の重要性はますます高まっています。 本セミナーでは、マーケターが知っておくべき広告規制と、自社の広告を守るための対策についてポイントを絞り紹介します。 専門知識を持つ弁護士が登壇し、ステマ規制の実情やアドフラウド対策、さらに海外の法的動向についても具体的な事例を交えながらわかりやすく解説します。 Web広告担当者やマーケティング担当者など、企業の広告運用に関わる方々にとって絶対に見逃せない機会です。 最新情報を得て、自社の広告運用に役立てていただけますと幸いです。

「現場」の管理業務は昨今、状況の変化に応じて、情報のデータ化や情報共有の迅速化に素早く対応することが求められますが、IT人材不足が叫ばれる中、お困りの担当者様も多いのではないでしょうか。本講演では“ノーコード”で誰でも簡単に業務用モバイルアプリを作成・活用し、業務効率化を実現する手法について、事例を交えて紹介します。 本セミナーでは、ノーコードについてわかりやすく紹介しながら、「業務アプリ」の活用術について幅広い業界の成功事例とともにデモンストレーションを交えて紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんな方にお勧めします ● 「現場のDX」、「ノーコード」とは何か、興味のある方 ● モバイルアプリの活用に興味があって、情報を集めている方 ● 実際にアプリを作成した企業の声が聞きたい方 ● モバイルアプリの導入イメージを持ちたい方 ● 本当に誰でも開発できるのか、アプリを作る実際の様子を見てみたい方 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【プログラム】 「最新事例に学ぶ現場業務効率化のススメ」 ・DXの現状と課題、ノーコードツールのメリットとは ・事例紹介 -ルネサンス様:忘れ物管理アプリ -京セラ様:棚卸アプリ -東備建設様:重機点検チェックアプリ -ワイ.イー.サービス様:配送報告アプリ Platioのご紹介 ・アンケート回答 ※競合企業の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました