開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/10/18

データ活用者必読!知らないと損をするマスターデータ管理(MDM)の勘所

近年、マスターデータ管理(MDM)の重要性が強調されています。企業がビジネスにデータをフル活用するためには、データを正しく管理しなければなりません。そこでここではそもそもマスターデータとは何か、なぜマスターデータ管理が必要になってきたのか、導入を進める上でのポイントは何かについて、データベースやデータ管理に詳しくない方にも理解できるように解説します。

photo
マスターデータ管理の重要性が増しています
(©cassis - Fotolia)

マスターデータとは何か?

 企業が保持するデータには、大きくトランザクションデータとマスターデータの2種類があります。

 トランザクションとは商取引のことですが、トランザクションデータという場合には、いわゆる「取引」だけではなく、給与支払などあらゆる企業活動で発生するデータを指します。受注、発注、在庫引当などが代表的なトランザクションデータです。

 一方、マスターデータとは、トランザクションで何度も使われるデータをまとめたものだと言えます。顧客、商品、取引先、社員などが代表的なマスターデータです。企業活動のための基礎的なデータと言えます(図)。

画像
図:マスターデータとトランザクションデータ

 トランザクションデータ(以下、トランザクション)は企業活動の記録そのものですから、その必要性については言うまでもありません。では、マスターデータ(以下、マスター)はなぜ必要なのでしょうか。

 たとえば受注処理の場合、顧客や商品のデータ入力が必須です。マスターがあれば、入力画面でマスターを検索して入力することができますが、マスターがなければ手入力することになります。マスターがあれば、住所や商品単価など付随する情報も自動的に入力されますが、これらも手入力することになります。ユーザーにとっては手間ですし、入力ミスの原因にもなります。

 またトランザクションにも、名称や付随情報などを持たなくてはいけなくなり、データ量がかなり増えてしまいます。マスターがあれば、トランザクションにはIDやコードなどを持つだけで済みます。

 名称やその他の付随情報に変更があった場合でも、マスターがあれば、マスターを変更すれば済みます。マスターがなければ、トランザクションの必要な箇所をすべて変更しなければなりません。そうしないと、集計等のデータ処理ができなくなってしまいます。

この記事の続き >>
・なぜマスターデータ管理が必要なのか?
・マスターデータ管理を進める上でのポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!