開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ソフトブレーン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/02

そのPDCAサイクルには改善の余地がある、「営業DX」を推進する3つのポイント

コロナ禍による経済の停滞で企業業績が急速に悪化する中、法人営業も営業スタイル変革が求められている。その中で、「リモートと訪問営業をどう組み合わせたら良いか」「セールステック(営業×テック)のサービスはどう選んだら良いか」との課題も聞かれる。“ニューノーマル”に向けて営業スタイルの変革=“営業DX”をどのように進めたら良いか、3つのポイントで解説する。

photo
対面からオンラインへと移行する中で、営業はどう変わっていけばいいのか
(Photo/Getty Images)

営業DX第1のポイント:リモートと訪問営業の組み合わせ

 コロナ禍によって多くの企業でテレワークの導入が進んでいるが、「信頼関係を築きにくい」「アポイントメントが取りにくい」などの理由で苦戦を強いられている企業は少なくない。これまでの営業スタイルは「客先に通ってナンボ」というのが常識で、ここから脱却することが難しい現状がある。

 しかし、オンライン商談であれば、商談と商談の間のムダを省け、遠方の顧客との商談も予定に組み込むことができる。実際に、外出自粛下でも、商談の件数を増やし営業成績を伸ばした担当者もいただろう。

 今後は、「リモートで可能なことはリモートで」という流れが加速していき、営業パーソンには本質的な営業スキルである「論理的にしっかり話す力」が求められる。そして、企業は「対面前提」の営業スタイルを見直し、時間と移動距離を節約することで顧客対応のスピードアップと案件のリードタイム短縮を実現することが求められていく。

画像
リモート化により、顧客対応のスピードアップと案件のリードタイム短縮が望まれる

 これが、ITを業務に取り入れ、営業を変革する「営業DX」で気をつけるべき第1のポイント「リモートと訪問営業の組み合わせ」である。

この記事の続き >>
・第2のポイント、ツール導入の前に必ずやるべきこととは
・第3のポイント、本当に生産性向上を意識するなら
・営業DXで営業活動はここまで変わる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネスを変えるSaaS

ニューノーマル時代の新戦略

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!