日本アイ・ビー・エム株式会社 、 Datadog Japan合同会社 、 Splunk Services Japan 合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/07/21 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
「もう限界」複雑すぎるシステム運用、仕組みと人材育成の“虎の巻”を公開

昨今、システム運用は複雑化の一途をたどっている。これにより品質や対応スピードの低下、システム障害の増加といった問題が起こっている。デジタル人材育成学会会長の角田仁氏は、それらに対応するには省力化・外注化・先進化を進めながらの適切なグランドデザインと、運用の専門人材であるSRE人材の社内育成がポイントだと説く。角田氏はシステム運用を取り巻く現状や課題の解決法、また経営者と運用部門リーダー層へ求めることについて語った。

運用の複雑化でシステム障害の件数が増加している

 現在、システム運用を取り巻く環境は変化が激しく、対応すべきことが非常に多い。たとえば、システムの大規模化・複雑化や、クラウド・アウトソースの委託件数の増加、オフショア・ニアショア・コロナによるリモート環境の広がり、DX・デジタル化による新たな技術への対応、運用部門の人材不足、経営者からのコスト削減指示などだ。

 これにより運用品質や対応スピードが低下し、その結果、システム障害の件数増加・影響増大といった厳しい状況となっている。デジタル人材育成学会会長の角田仁氏は、この中でも「クラウド・アウトソースの委託件数の増加」と「運用部門の人材不足」が本質的な問題だと指摘した。

「クラウドの委託件数は、2010年代から急増しています。クラウドを増やすこと自体は間違っていませんが、急増に現場がついていけていない状況もあります。さらに問題なのは、経営者がクラウド化でコスト削減や人員削減ができると誤解していることです。削減はできますが、少しタイムラグがあることを認識した上で計画を立てる必要があります。コストや人員を急激に減らしたことでシステム障害が起こる事例が最近増えています」(角田氏)

 それに加え、チェック項目数も増加している。パブリッククラウドでのインシデント発生に対してはユーザー企業が責任を持つ領域もあり、それらをきちんと確認する必要がある。角田氏の経験では、クラウド導入の新規委託時のチェックは1社あたり237項目に上り、運用時にも月例報告で182項目のチェックが必要だった。特にセキュリティ関連項目が増えている。

 クラウド管理のワークロードは、委託件数とチェック項目数の両面で増大している。これには技術的対策と組織的対策を共に講じる必要がある。

 角田氏は「技術的対策はコストをかけて最新の技術を用いればできるのですが、組織的対策はユーザー企業の組織力の問題なので、こちらの方が大変です。ITIL(Information Technology Infrastructure Library.ITサービス運用・管理のベストプラクティス集のこと)では限界があり、新フレームワークが必要です」と指摘。「複雑すぎるシステム運用」を解くための仕組みと人材育成について解説を進めた。

この記事の続き >>
・「複雑すぎるシステム運用」問題を解くための“虎の巻”とは?
・運用設計をリードできる人材を育成する方法とは?
・経営者と運用部門リーダー層が検討すべき「3つのポイント」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます