提供企業コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/30 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
DX推進の裏で増加するセキュリティインシデントだが、2024年国内においてすでに120例もの深刻な事例が発生しているという。これらの事例において、原因説明までされているケースは少ない。ではその少ない公表情報から何を学び、どう企業活動に活かすべきか。10年以上にわたりセキュリティ情報の発信活動を続ける、セキュリティインコ piyokango氏(以下piyokango氏)に聞いた。

2024年ですでに120例のセキュリティインシデントが発生

 piyokango氏は、長年にわたりセキュリティ情報を発信している。X・ブログ・ポッドキャストなど、さまざまなチャンネルを通じて、人々のセキュリティへの興味・関心を高めることを主なテーマとして活動する。

 piyokango氏によると、2024年もすでに多くのセキュリティインシデントが起きているという。

「私が確認した事例だけでも、2024年3月7日時点で、すでに120例のセキュリティインシデントが公表されています。これは、誤送信などの作業ミスに起因する、いわゆる自損事故は含まない件数です」(piyokango氏)

 なお、被害状況の内訳は以下のとおりだ。

  • 情報流出:65例
  • 攻撃踏み台(不正利用等):49例
  • システム障害:15例
  • データ改ざん(暗号化含む):38例

「1つのセキュリティインシデントで複数の被害が発生するケースもあるため、被害状況を合計すると120を超えます。また、攻撃手口等の類型件数は、ランサムウェアが13例、フィッシングが23例、脆弱性の悪用が8例、クラウド・不正利用が18例、SNSの乗っ取りが12例でした」(piyokango氏)

 各事例において被害状況や手口については把握できる一方、原因説明までされているケースは少ない。各事例を自社・自組織のセキュリティ対策に活かす際、この不足部分は大きなネックとなるだろう。

 以降では、公表情報における情報の不足部分ほか、情報の不足部分を埋めるための2つの解決策について、piyokango氏が解説する。

この記事の続き >>

  • ・原因説明にまで踏み込んだ公表情報は、2割に満たない
    ・注目したい「続報」とインシデントごとの3つの調査報告書
    ・先手を打ったセキュリティ対策へつなげるための手法

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

提供企業一覧

  • キンドリルジャパン株式会社
  • 、 株式会社網屋
  • 、 株式会社CYLLENGE(旧社名プロット)
  • 、 デジタルアーツ株式会社
  • 、 CyberArk Software株式会社
  • 、 アルプス システム インテグレーション株式会社
  • 、 株式会社アクト
  • 、 Datadog Japan合同会社
  • 、 フリー株式会社
  • 、 日本シノプシス合同会社

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます