株式会社野村総合研究所 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/11/10 掲載

トウ・ソリューションズ事例:リリース業務の一元化、自動化、進捗状況の見える化で内部統制を実現

記事をお気に入りリストに登録することができます。
マヨネーズ、ドレッシングなど加工食品を手がけるキユーピーをはじめ、同グループの関連会社 約40社をITで支えているのがトウ・ソリューションズだ。グループ内のあらゆるシステムを自社開発してきた同社は、内部統制の観点から、開発と運用を分離する方針を決定した。しかし、同社の開発部門では従来、担当者が申請書、セットアップの手順書、テスト資料などを用意し、複数の関係部署による承認が必要となる。そのため、この手続きを電子化し、ワークフローとして処理する仕組みが必要だった。

開発と運用の分離のため、自動リリースの仕組みを検討

photo
トウ・ソリューションズ
システムマネジメント部
運用業務課 課長
吉田 勝彦 氏
photo
トウ・ソリューションズ
システムマネジメント部
運用業務課
千脇 和雄 氏
photo
トウ・ソリューションズ
システムマネジメント部
運用業務課
野口 敦之 氏
 トウ・ソリューションズは、中島董商店のIT事業部門とキユーピーの情報部門が2005年に統合されて設立された会社であり、 キユーピーグループにおけるIT企画から開発・運用・活用・支援までを一手に引き受けている。社員は、約140名。グループ企業の生産・販売・物流・会計・労務に関わるあらゆるシステムを構築し、運用している。まさに、キユーピーグループをITで支える中核企業なのである。

 同社では、毎月、100を超えるプログラムをリリースする。システムの機能強化や法律の変更等に伴うシステム改変など、その内容・規模はさまざまだ。グループ企業のあらゆるシステムをカバーしているため、開発部門の役割は広い。しかし、それだけに課題も抱えていたと、トウ・ソリューションズの吉田勝彦氏は次のように説明する。

「システム開発から導入までを一気通貫で開発部門が行い、本番に移行して問題がなくなったら運用部門が面倒を見るという役割分担をしていました。しかし、日本版SOX法遵守を目的として、内部統制の観点から開発と運用を分ける方針が決まり、プログラムリリースの自動化を実現する仕組みを検討することになりました」(吉田氏)

 プログラムをリリースする際には、開発担当者が申請書、セットアップの手順書、テスト資料などを3~4枚の書類で用意し、関係部署に回して承認を得ていた。このため、プログラムリリースの自動化には、この手続きを電子化し、ワークフローとして処理する仕組みが必要となったのである。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

特集ページ

関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます