• 会員限定
  • 2023/11/17 掲載

EV覇者BYDを迎え撃つ「トヨタ」が圧巻の理由、国産車と海外勢の“ホントの距離”

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
今年も自動車業界最大のイベント「ジャパンモビリティショー(以下、JMS)2023」(旧名称:東京モーターショー)が10月26日~11月5日に開催されました。イベント名称を変え、「モーター(自動車)」に限らず、より間口を広げた「モビリティ」を対象としたイベントにしたことで出展企業は増加、2019年開催の195社から2倍以上、過去最大の475社が「JMS2023」に参加する結果となりました。今回発表された日本勢と、欧米・アジア勢各社の展示ブースの盛り上がりには、どのような差があったのでしょうか。まとめて解説します。
執筆:モータージャーナリスト 鈴木健一 (鈴木ケンイチ)

執筆:モータージャーナリスト 鈴木健一 (鈴木ケンイチ)

執筆のメインフィールドは自動車関係。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。特にインタビューを得意とする。見えにくいエンジニアリングやコンセプト、魅力などを分かりやすく説明できるよう心掛けている。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を約10年経験。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員、自動車技術会会員、環境社会検定試験(ECO検定)。

photo
ジャパンモビリティショー2023に出展のあった、トヨタ、ホンダ、日産、スズキ、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、メルセデス・ベンツ、BMW、BYDの最新動向を解説する
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)

3タイプに分かれた自動車メーカー

 今回の自動車メーカーの展示は、内容によって大きく3つのグループに分けることができます。ここからは、各グループの企業の展示をいっきに紹介します。
(1)発売間近の新型車や技術展示を揃え、近い未来を提示した自動車メーカー
  • ホンダ
  • スズキ
  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • BYD
(2)コンセプトカー中心に遠い未来を示した自動車メーカー
  • 日産
  • マツダ
  • スバル
  • ダイハツ
(3)近い未来と遠い未来の両方をバランスよく揃えた自動車メーカー
  • 三菱自動車
  • トヨタ

ホンダ:GMと共同開発する「自動運転車」とは

 近い未来を提示してくれた自動車メーカーが、ホンダ、スズキ、メルセデス・ベンツ、BMW、BYDです。

 ホンダは、市場投入予定の4台のコンセプトカーと数多くの技術展示を行いました。市場投入予定があるのは、軽自動車のEV商用バンに、北米市場向けのSUVのEV「プロローグ・プロトタイプ」、ハイブリッドのスペシャリティ「プレリュード・コンセプト」、そして自動運転車「クルーズ・オリジン」です。

 軽自動車EVと北米向けEVは、来年にも販売が予定されるものです。自動運転車は2026年のサービス開始を謳います。まさに、明日のホンダの姿と言える内容です。

画像
ホンダのSUVのEV「プロローグ・プロトタイプ」。北米で発売が予定されているEVだ
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)
画像
ホンダの自動運転車。GMと共同開発する自動運転車であり、2026年のサービス開始を予定
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)
画像
ホンダのハイブリッドカー「プレリュード・コンセプト」。4人乗りの2ドアクーペ。現在、市販に向けて開発中だという
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)

 ちなみに、ホンダのブースで最も注目を集めたのが実物大の「ホンダジェット」の機体模型です。模型とはいえ内装はリアルに再現されており、プライベートジェットを体感できる希少な機会が提供されていました。

 また、ホンダ・ブースの一角には、ホンダとソニーが共同開発するEV「アフィーラ(AFEELA)」の展示コーナーがありました。今年の1月のCESで発表されたプロトタイプが展示されており、見学のための列が尋常ではないほどに長く、注目度の高さを感じることができました。

スズキ:「圧縮バイオメタンガス」を使った車両

 スズキの展示は、3台の販売直前の新型車と2つのEVコンセプト、多くの小さなモビリティ、そして技術展示です。新型車は「スイフト・コンセプト」に「スペーシア・コンセプト/スペーシア・カスタム・コンセプト」、そしてEV商用バン「eエブリィ・コンセプト」です。ほぼ量産車と言える仕上がりで、発売に向けたカウントダウン中といったモデルです。

画像
スズキがJMS2023にて公開した「スイフト・コンセプト」。ほとんど量産車と言える仕上がりだ
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)

 また、SUVのEVコンセプト「eVX」は2025年の試乗投入が予告されていますし、軽自動車EVコンセプト「eWX」も市販化の可能性が非常に高いモデルです。つまり、コンセプトカーは市販を視野に入れたものばかりだったのです。

画像
スズキのプレスカンファレンスの様子。中央に立つのはスズキの鈴木社長。右の白いモデルが軽自動車EVコンセプトの「eWX」。奥の緑のSUVがEVコンセプトの「eVX」
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)

 技術展示で目を引いたのは、空飛ぶクルマの模型の展示と、インドで進めているCBG(圧縮バイオメタンガス)車です。スズキは、ベンチャーであるSkyDrive社と協業して、来年の春から空飛ぶクルマの製造を開始したいというのです。そしてCBGは、牛のフンを集めて、そこからメタンガスを作ってクルマの燃料にしようというプロジェクト。2022年より事業が進んでいるというのも知っておきたいポイントです。

画像
スズキがインドで進めるCBG(圧縮バイオメタンガス)事業に使われる車両。牛のフンから作るメタンガスでクルマを走らせる。フンを集める農民の収入にもなる
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)

メルセデス・ベンツ/BMW/BYD:市販目前の新モデル

 インポーター(輸入事業者)であるメルセデス・ベンツとBMW、そしてBYDは、それぞれ新型車のEVを披露しました。

 メルセデス・ベンツは「コンセプトEQG」、BMWは「iX2」とコンセプト「Neue Klasse(ノイエ・クラッセ)」、BYDは「SEAL」「U8」「D9」を発表しています。このうち、モックアップはNeue Klasseのみ。コンセプトEQGは、コンセプトと言われながら市販は間近とのことです。

画像
メルセデス・ベンツが持ち込んだEV「コンセプトEQG」。市販車に非常に近い仕上がり
(出典:JMSオフィシャル写真)
画像
BMWは、コンパクトSUVである「X2」をJMS2023で世界初公開。EV版の「iX2」も同時発売されている
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)

 一方、BYDの「SEAL」も市販予定ですし、「iX2」は「JMS2023」の発表に合わせて日本発売となりました。

画像
中国のEVメーカーであるBYDは、写真のセダン「SEAL」を筆頭にSUV「U8」やミニバンの「D9」というEVを持ち込んだ
(ジャパンモビリティショー2023にて筆者撮影)

 市販可能なモデルの展示がほとんどであったというのが、インポーターの展示の特徴だったと言えるでしょう。

 ここからは、日産、マツダ、スバル、ダイハツ、三菱自動車、トヨタの展示について解説していきます。あらゆる展示の中でも、トヨタが頭一つ抜けていたポイントとは何だったのでしょうか。 【次ページ】日産:「全固体電池」搭載の最新モデル3台

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます