開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社野村総合研究所提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/10/22

技術文書

ホワイトペーパー
エンタープライズにおける「DevOps」、運用と開発の壁をなくすポイント
昨今、注目されているDevOps だが、定義はバラバラである。もともとDevOpsは、Developer(開発者)とOperator(運用者)が協力しあい、開発の成果物を迅速にリリースするような取り組み、思想、コンセプトのことを示していた。今は、ChefやJenkinsなどのオープン系の自動化ツールをイメージする方もいれば、ITILのようなプロセス改善のベストプラクティスをイメージされる方もいるだろう。本書では、エンタープライズシステムに的を絞って、運用と開発の課題および解決策についてまとめる。
ページ数:8ページ
<目次(抜粋)>
●DevOpsとは何か?
●開発と運用はなぜ一体化が難しいのか
●情報共有の壁~欲しい情報がすぐに手に入らない
●優先度の壁~プログラム更新やリリースがタイムリーに行えない
●専門知識の壁~特別対応のコスト高や障害リスク
●エンタープライズシステムにおけるDevOpsの目的

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!