IT導入検討

会員限定

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

2017年12月25日

【ヤフー事例】200の重要データベースでオールフラッシュ採用の理由

導入事例

日本最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー。そのサービスを支えるフラッシュストレージの導入では厳しい要件が並んだ。データは事業の根幹を担う非常に重要な要素の1つで、大量のデータを保持し、月間630億ページビュー(PV)という膨大なアクセスへスムーズかつ安定的にデータを供給し続けるためには、供給源となるデータベースが重要な役割を担うからだ。本資料では、ヤフーが各社オールフラッシュストレージ製品を使用した上で、200の重要なデータベースに採用したオールフラッシュストレージの選定のプロセスや考え方などを紹介する。

ページ数:4ページ

この続きは会員限定です