イベント・セミナー 検索

検索条件

キーワード ジャンル タグ 種別 地域 開催日時 2023年 06月 04日 ステータス 申込受付中 表示順 開催日順

303

並び替え

表示件数

■日程:2024年2月28日 (水) 13:30 ~ 14:30 ■コース名:インテル(R) デベロッパー・クラウド 体験ワークショップ ■コース内容 インテル(R) デベロッパー・クラウドは最新のインテル製 CPU、GPU、AI アクセラレーターといった計算リソースを提供するクラウドサービスです。最新のハードウェアを手軽にいち早くアクセスできる有償サービスを開始しており、プログラムの移行や評価といった利用や、AI モデルのトレーニング環境として運用いただけます。 このワークショップでは、インテル(R) デベロッパー・クラウドにお手元の環境からアクセスいただき、ダッシュボードから実際にインスタンスの起動や、起動したインスタンスへ SSH でアクセスする方法をご案内いたします。また、インテル(R) デベロッパー・クラウド上から SYCL を使って GPU 上でプログラムを実行する方法などの手順が学習用コンテンツとして公開されており、これらの利用についてもあわせてご案内いたします。 ■定員:30名 ■対象者 ・インテル(R) デベロッパー・クラウドへ登録済みの方、または登録を検討している方 ・最新のインテル製 CPU、GPU、AI アクセラレーターといった計算リソースの利用を検討している方 ・インテル(R) ソフトウェア開発ツールの最新バージョンを搭載したクラウド・プラットフォームでの開発に興味のある方

【概要】 “デジタル”という言葉は金融機関でも広く浸透し、デジタルという名前のついた部署や役割が当たり前になって久しくなりました。金融機関のデジタル活用の意識が高まり、新たなサービスも続々と生まれています。 実際のところ伝統的金融機関では『変革』とは至っていないもののDX活動は一段落し一定の効果を上げています。他方で比較的新興の金融機関においても、革新的なサービスで伝統的金融機関のシェアを切り崩すまでには至っていないものの、その存在感は高まってきているのではないでしょうか?これらの傾向は、全ての金融機関が同質化するのではなく、それぞれの強みを生かした戦略が明確になってきていることも、一つの背景と推測できます。つまり、デジタルといっても様々な目指す姿と実現方法があるということです。このような傾向は、欧州など海外でも見られます。一方、アジアにおいては、若干異なる傾向にあるように思います。 本セミナーでは、日本における金融機関の現在地とその戦略を分析すると共に、講師が実際に見てきた欧州・アジアの海外の傾向も広くご紹介いたします。そして日本と海外の類似性や差異について考察しつつ、今後金融機関が、それぞれの強みを生かしてデジタルをどのように活用していくのか、そのヒントをご提供したいと思います。 【本セミナーで得られること】 ・金融機関の“デジタル”の現状と考察 ・海外の伝統的銀行とチャレンジャーバンクの戦略 ・共通する基礎的なデジタルの取り組み ・Fintechと金融機関の協業例 ・それぞれ強みを生かしたデジタルの活用とそのビジネスモデルの事例分析 【推奨対象】 金融機関の経営企画部門、価値創造部門、リスク管理部門、IT企画部門、システム会社 【セミナー詳細】 1.振り返り:理想的なデジタルトランスフォーメーション 2022年 (1)チャネル戦略 (2)オペレーションのデジタル化 (3)データ戦略 2.日本の金融機関のデジタル化の現在地考察 2023年~2024年 (1)伝統的銀行のデジタル (2)比較的新興系銀行、ネット銀行とのデジタル 3.海外の傾向 (1)欧州(ドイツ/UK)の傾向と代表的な取り組み例 (2)東南アジアの傾向と第行的な取り組み例 4.デジタルの有効活用において共通項となる条件 (1)データ戦略 (2)ITターゲットオペレーティングモデル (3)ビジネスアーキテクチャ 5.これからの金融ビジネス (1)想定されるビジネスモデルのパターン (2)デジタルを活用した金融ビジネスの高度化アプローチ 6.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※本セミナーは会場受講はございません。 ※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/02/29(木)13時~2024/03/07(木)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

セミナーの特徴 製造業が見直すべきセキュリティの在り方と対策アプローチを解説! 近年、DXや攻撃者の多様化によって、製造業は従来の限定的なセキュリティ対策から、IT/OT/IoTと幅広い環境でのセキュリティ対策へのアップデートが求められています。 制御システムを狙う攻撃手法に対応可能な対策を取り込み、適切・迅速にリスクを排除できる仕組みを構築するためには、自社現状のセキュリティ対策レベルに合わせた検討が必要です。 本セミナーでは、製造業の皆様必見の最新のサイバー情勢と、セキュリティ対策の在り方を対策レベル別にご紹介します。 エージェントレスでIT/OT/IoTデバイスの網羅的な可視化と管理する方法を、デモを交えてご紹介します。また日本初上陸の脆弱性管理ツールによって、容易にOT/IoT/ネットワークデバイスにおける脆弱性を可視化する方法についてもご説明いたします。 「対策の進め方がわからない」 「可視化や管理・制御のソリューションは沢山あるけど違いが分からない」 「自社のセキュリティリスクを把握したい」 「製造業に関する最新のセキュリティトレンドを知りたい」 といった方は是非ご参加ください。

日々、スモールビジネスオーナーと話をしています。 すると、みなさんが「集客できない」と、口をそろえて言います。 ですが、我々が、 「どのような集客手段を、使っているのですか?」 と聞くと、以下のような集客手段しか使っていないことが少なくないのです。 ▼集客できないわけでは無い ・ブログ記事を、書く ・YouTubeに、動画を投稿する ・Facebook・Instagramで、「いいね」する 通常は、これらの方法で、ネット集客を実践しますよね。 おそらく、あなたもそうなのではないでしょうか? ▼「無料で」、集客できないだけ つまり、実は、集客できないわけでは無いのです。 「無料で」、集客することができないだけなのです。 あなたは、無料の集客と有料の集客。 どちらが、難しいと思いますか? ▼無料集客しているところを参考にすべきではない 言うまでもありませんが、無料の集客です。 圧倒的に、無料集客です。 正直、無料集客だけで食えてるところなんて、超少数です。 つまり、再現性が低いので、参考にするべきでは無いのです。 ▼再現性を考える それに対して、有料の集客、たとえば広告。 お金さえ出せば、必ず一定のアクセスは集まってくれます。 (つまり、再現性が高いので、参考にできるのです。) 仮にあなたが、利益度外視で、テレビCMを打ったと考えてみてください。 集客できないでしょうか? ▼無料集客に保証は無い 必ず、一定数の人は、集客できます。 もしこれで集客できないのであれば、商売そのものを変える必要がありますよね。 ですが、無料集客の場合は、そのような保証はありません。 ・ブログ記事を毎日更新しても、 ・YouTube動画を投稿しても、 ・Facebook投稿やInstagram投稿に「いいね」をしても、 集客できない可能性が、(大いに)あります。 ▼申し遅れました スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。 コンサル・士業・治療院・教室・サロンなどの知識や技術を提供するスモールビジネスオーナーに向けて、セミナーやワークショップを開催しています。 さて、あなたの知っている同業のやり手は、広告を出していませんか? 業界の認知度が高い、そこですら、広告を出稿しているのです。 どれだけ、無料での集客が難しいか分かりますよね。 間違って認識して頂きたくないのは、無料の集客が良くないということではありません。 ▼有料で集客してる内に、無料集客を育てておく 無料で集客できる仕組みを構築できているのであれば、それに越したことはありません。 でも、無料集客の仕組み作りをするには、時間がかかります。(再現性も低い) ですから、まずは有料で確実に集客して、その間に無料の集客媒体を育てておくのです。 つまり、時間をお金で買うということです。 順番が、常識とは逆ということですね。 ▼軌道に乗ってから、広告を使いたい? よく「商売が軌道に乗ってから初めて、拡大のために広告を使いたい」という人がいます。 確かにそういった使い方もありますが、広告の使い方は、それだけではありません。 実は、無料で集客する力のない起業初期の時。 その時期こそ、本当は広告を使って、有料で集客するべきなのです。 それも、できるだけ低コストで。 ▼低コストで簡単に集客できる広告とは? では、どうすればできるだけ低コストで、集客を実現することができるのでしょうか? その答えが、「SNS広告」です。 あなたも耳にする機会が、少なくないと思います。 ▼スモールビジネスの集客に適している 設定方法さえ分かってしまえば、あなたもすぐに広告を出稿することができます。 そして、SNS広告は、スモールビジネスに、とても適しているのです。 そうはいっても、これまでに広告を出稿したことがない場合。 有料で集客すること自体に、心理的ハードルがあるかと思います。 広告を使って有料で集客する場合、もしも集客できなかった場合は、広告費がそのまま赤字になってしまいますからね。 こちらについては、極端ではありますが、 ・仮に、集客できなかったとしても、 ・商品・サービスが販売できなくて、表面上は赤字になったとしても、 投資と考えるのは、いかがでしょうか。 ▼広告は、再現性のある集客方法 広告は昔からある告知・宣伝方法ですし、これからも無くなることは無いでしょう。 つまり、再現性のある集客方法です。 習得してしまえば、今後ずっと使えるスキルとなります。 ▼「人生100年時代」だからこそ、広告集客 いつまで、今のように動き続けられるか分からない...。 「人生100年時代」だからこそ、広告集客なのです。 ・長い人生の、 ・できるだけ早い段階で、 ・体力に頼らない集客手段を身に着けておいた方が良い。 そう思いませんか? 広告集客は、まさしく、体力に依存しない集客手段です。 ▼赤字にしない広告運用方法 とはいえ、できれば赤字にすること無く、広告を運用したいですよね。 ご安心ください。 そんなあなたのために、今回、SNS広告を攻略するセミナーをご案内します。 このセミナーに参加することで、赤字にすることなく、SNS広告を運用する方法が分かります。 ▼『SNS広告の始め方 & 低コスト広告運用法』 それでは、セミナープログラムをご紹介しましょう。 スモールビジネスのための、 ・「SNS広告の始め方」 ・「広告をできるだけ低コストで運用する方法」 を、攻略できるセミナーです。 その内容をご覧ください。 ▼パート1:スモールビジネスのためのSNS広告入門 ・全くの初心者でも結果を出せるSNS広告の集客の流れ ・この6つを押さえれば大丈夫!今アツいSNS広告の種類 ・SNS広告を実践する上で絶対にやってはいけないこと ▼パート2:意外と知らない?オンライン集客の最短ルート ・お金をかける集客 vs お金をかけない集客 ・9割が陥る!無料集客の致命的な罠 ・SNS広告ではなく、リスティング広告を出したほうが良い? ▼パート3:情報に惑わされない!SNS広告の選び方 ・自分に最適な広告が見つかる!広告媒体の選び方 ・知らないと危険?各広告の利用者層と特徴を理解しよう ・画像と動画ではどちらのほうが効果が高い? ▼パート4:費用対効果の高い広告プラットフォーム ・進化し続けるFacebook広告とInstagram広告の攻略のコツ ・月間アクティブユーザーが多いTwitterでの広告出稿のポイント ・生活に欠かせないLINEに広告を出して、集客に活用する ▼パート5:スキル不問!スモールビジネスのクリエイティブデザイン思考 ・YouTube広告のここが凄い!知らないと差がつく攻略のカギ ・トレンドの動画広告を使って、見込み客を獲得する方法 ・スキル無しで高品質な広告画像が作れるデザインツールとは? ▼パート6:SNS広告の必勝パターンを作るための仕組み作り ・スモールビジネス必見!SNS広告をマスターするための3つの秘訣 ・SNS広告をできるだけ低コストで運用するための知っておくべき2つのこと ・SNS広告の成否を分けるターゲティング方法について?どうやって精度を高めるか ▼プロフィール このは屋(スモールビジネス特化の学び舎) スモールビジネス特化の学び舎。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売を、ワンストップで、トータルにサポートしている。 ▼追伸 ここまでお読み頂きありがとうございます。 もしかすると、いきなりここを読んでいるかもしれませんね。 私も、そのタイプです。 上から読んでも、ここから読んでも、理解できる。 そのように、お伝えさせて頂いたことを、まとめさせて頂きますね。 ▼SNS広告の始め方 & 低コスト広告運用法 今回、 スモールビジネスの「SNS広告の始め方 & 低コスト広告運用法」攻略セミナー を開催することになりました。 このセミナーに参加することで、スモールビジネスの、 ・「SNS広告の始め方」 ・「広告をできるだけ低コストで運用する方法」 が、分かります。 なぜなら、このは屋で実際に行っていますし、実践や落とし込みのキモを公開するからです。 セミナーは、先着順の受付となっています。 少しでも、「良さそうだな」と思ったのであれば、お早めにお申込みくださいね。 (席が、埋まってしまう前に) ▼「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」 最後になりますが、これだけをお伝えさせて頂いて、締めとさせてください。 「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」 あとは、それを使うだけです。 私たちは、あなたが武器を使うことに対して、手助けができると思います。 ここまでお読み頂き、ありがとうございます。 もし私たちのメッセージに共感して頂けたのであれば、ぜひ、セミナーにご参加ください。 あなたと、セミナーでお会いできることをこのは屋一同楽しみにしています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 【内容】 ・個人情報保護法で求められる個人データの安全管理措置の考え方、手法の例  組織的、人的、物理的、技術的安全管理措置他 ・IPA 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインの紹介 等 ※基本的なルール全般については当機構の別セミナーをご利用ください 【プレビュー動画】 https://www.youtube.com/watch?v=00dimOqUW0Q 【対象】事業においてはじめて個人情報保護に取り組む担当者様、     個人情報保護法の概要について確認が必要な経営者様他 【定員】各回とも 10名様まで 【利用ツール】Zoomウェビナー ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 一般社団法人日本プライバシー認証機構は個人情報保護法が施行される前の2001年より長きにわたり企業の個人情報保護をサポートしてまいりました。 ・当機構ホームページURL  https://www.jpac-privacy.jp/ 2022年4月の個人情報保護法の改正により法定刑が大幅に引き上げとなる等、個人情報保護の重要性がより高まっています。 個人情報保護法では様々なルールが定められておりますが、その中でも漏えい等を防ぐための安全管理措置は、把握するべき内容が多い事項と言えます。また、法令遵守に加えてリスク管理の観点も重要になります。 当機構では、そうした状況下で個人情報保護に取り組むことになった皆様のご要望を受け「初めて個人情報保護に取り組む方向けのセミナー」を開催し、大変ご好評をいただきました。 2024年も同セミナーを追加開催いたします。 基本的なルール全般は別途「基本ルール編」でご説明し、本セミナーでは、個人情報保護法で求められる安全管理措置について考え方、内容等を詳しくご説明いたします。 また、個人情報保護法以外にも確認しておくべきと言える政府資料等についてもご紹介いたします。 「法律の言葉使いがわかりづらい、法律用語に抵抗を感じる」 「自社の個人情報漏えい対策に問題がないか確認しておきたい」 「法だけでなくセキュリティを考える際の参考となる資料も知りたい」といった お悩みをお持ちの皆様にお役立ていただける内容です。 個人情報保護への取り組みの最初の一歩として、お気軽にご視聴ください。

企業がつながっているグループ会社や海外拠点、委託先、取引先等のサプライチェーン・ネットワーク上のセキュリティを突いたサイバー攻撃が増加しており、被害も甚大となっています。また、昨今のサイバー脅威の高まりや経済安保の流れも受けて、サプライチェーンセキュティ対策が注目されており、情報処理推進機構(IPA)の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」でも取り上げられています。 本セミナーでは、重要インフラ企業としてさまざまなセキュリティ対策を実施されているENEOSホールディングス様をお招きして、サプライチェーンリスクを管理していくための各種取り組みや対応策について共有をしながら、戦略的なサプライチェーンリスクマネジメントとは何か、について考察していきます。 また、先日発表しました最新のNRI Secure Insight 2023(企業における情報セキュリティ実態調査)の結果についても解説し、サプライチェーンを取り巻く最新の企業の動向についても紹介させていただきます。 ■15:00~15:15 <セッション1> 最新の独自調査結果から紐解く、サプライチェーンリスクの最新動向 DXの進展にともない、企業はビジネスモデルの変革を迫られています。自社の競争力を高め、さらなる付加価値を提供するためには、企業間の強みをかけ合わせる必要があるため、企業のサプライチェーンは多様かつ多層になっています。 その一方で、委託先・取引先などサプライチェーンの脆弱性を突いたサイバー攻撃も増加しており、委託先・取引先企業のセキュリティ統制は喫緊の経営課題です。 本セッションでは最新の調査結果から、サプライチェーンリスクの最新動向を経済安保の要請事項などとあわせて分かりやすく解説します。 NRIセキュアテクノロジーズ DXセキュリティプラットフォーム事業本部 本部長 足立 道拡 ■15:15~15:30 <セッション2> 調達先セキュリティ調査から得られた示唆と今後の展望 弊社は石油製品を中心とした重要インフラ事業者として国から指定されており、製品の安定供給維持に努めています。近年、海外のみならず国内社会インフラ企業においてもサプライチェーン攻撃の標的となり、操業停止まで追い込まれる事例も発生しています。 本セッションでは、当社が実践しているサプライチェーンリスクマネジメントの取り組みについて紹介させて頂きます。 ENEOSホールディングス IT戦略部サイバーセキュリティグループ シニアスタッフ 青木 隆行 氏 ■15:30~15:45 <セッション3> Secure SketCHを用いた、サプライチェーンリスクを効果的・効率的に管理する現実解 サプライチェーンに対してのセキュリティ評価の重要性が増している中、効率的、かつ継続的に実施することができるツール「Secure SketCH」。 本セッションでは、このSecure SketCHを用いて、グループ企業から、グローバル企業、取引先まで含めたアセスメントをどのように実施できるか。グローバル拠点でのセキュリティ対策状況の可視化を成功させた事例を交えて、活用方法を解説します。 NRIセキュアテクノロジーズ GRCプラットフォーム部 セキュリティコンサルタント 瀬戸 達也 ■15:45~16:00 <アンケート回答 / 質疑応答>

今では多くのワークフロー製品が販売されており、ワークフロー機能を搭載したグループウェアなどもあり、様々な選択肢があります。 楽々WorkflowIIは、2005年の発売以来多くのお客様に導入いただいていますが、「特長はなんであるか」「評価をいただいているポイントはなにか」をウェビナーを通して理解を深めていただきたく、テーマ別のウェビナーを複数ご用意しています。 なお、いずれのウェビナーも、テーマにフォーカスした視点のみならず、製品の特長や機能のご紹介も含んでおります。 新規導入をお考えのお客様も、置き換えを検討されているお客様も、どうぞお気軽にご参加ください。 ■柔軟な経路設定は、楽々WorkflowIIの真骨頂! 複雑なワークフローを難なく設定できる豊富な機能をご紹介 日本におけるワークフロー経路は、海外と比べて、1つの事案において関係するメンバーが多く、特に稟議書は日本特有の文化で業界を問わず存在し、複数人に回覧して全員の承認を得なければなりません。 また、それらの回覧ルールは部門ごと、業務ごとにばらばらなため、簡易的なワークフローシステムでは要件を満たせず、適切かつスピーディに必要な文書データを回覧することができません。 ワークフローシステムを検討される際には、「合議」、「条件分岐」、「根回し」など日本の商習慣にそった経路を柔軟にかつ簡単に設定でき、回覧ができてこそシステム導入の意義があります。 楽々WorkflowIIは、日本の商習慣や複雑な組織構造を熟知した製造業の現場から生まれたワークフローシステムです。 マウス操作でGUIの見た目そのままに経路を設定することが可能であり、経路が複雑でかつ多くの部門にまたがるような稟議書のワークフローも、システム管理者だけでなく、現場部門メンバーでも設定可能です。 楽々WorkflowIIで、どのような経路設定が、どのような手順でできるのか?製品特長や機能紹介と共に解説いたします。

2024年度の新しい期に向け、各セクションの管理職が中心となって 目標設定を行っている時期かと思います。 企業が成長し、より大きな成果を上げられるか否かは 目標設定にかかっているといっても過言ではありません。 一方で、多くの企業の経営者や人事担当者の方より 目標設定に関する次のようなお悩みが当社によく寄せられます。 「前年を参考に毎年同じような目標設定となっており、今のままでよいのか不安」 「設定した目標が抽象的なため、現場が思うように動いていない」 「設定した目標に対し、PDCAを適切に回すことができないでいる」 こうしたお悩みの多くは、現場の管理職が目標設定のポイントを 押さえられていないことが要因で発生します。 本セミナーでは、経営者や人事担当者の皆さまから管理職の方々にお伝えいただきたい 適切な目標設定のために必ず押さえておくべきポイントをお伝えします。 次年度、あるいはその先の目標設定に関して 少しでも不安がある経営者や人事担当者、また管理職の方はぜひご参加ください。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1. 目標設定の目的 2. 目標の適切な立て方 3. 当社でお役に立てること *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

FXCは、2月28日(水)にオンラインセミナーを開催いたします。 【タイトル】 「社会インフラを支えるLightEdge Xchange1000シリーズ」 超小型、堅牢性、日本製のメディアコンバータのご紹介 【オンラインセミナー内容】 「社会インフラを支えるLightEdge Xchange1000シリーズ」 超小型、堅牢性、日本製のメディアコンバータのご紹介と題しまして、弊社セールスエンジニアが、「メディアコンバータとは?」と言った基礎的な内容から、メディアコンバータの選定ポイント、関連事例のご紹介など幅広い内容をお話させていただきます。 (本編は昨年7月のオンラインセミナーの再放送です) また、PoEスイッチやPoEインジェクタ、無線ルータなどがお買い得になるキャンペーン情報などもお届けします。 ▼お申し込みはこちら▼ https://info.fxc.jp/20240228 【オンラインセミナー概要】 ■タイトル:社会インフラを支えるLightEdge Xchange1000シリーズ」 超小型、堅牢性、日本製のメディアコンバータのご紹介 ■日時:2024年2月28日(水)16:00~17:00 ■申込み:事前申込制(申込み締め切り:2月27日(火)17:30) ■料金:無料(事前登録制) ■Web会議ツール:WebEX ミーティング ■対象:代理店関係者様およびネットワーク製品ご導入をご検討されているお客様。 ※競合サービス取り扱い企業様・フリーメールアドレスでの申込についてはお断りする場合がありますので予めご了承ください。 ※詳細につきましては、弊社営業までお問い合わせ下さい。

現在のソフトウェア開発において、Web APIは不可欠な技術となっています。 Webトラフィックの83%をWeb APIが占めると言われる中、近年はマイクロサービスアーキテクチャなど、Web APIを活用した新しい技術の導入がさらに加速しています。 GraphQLなどAPI用のクエリ言語の活用も進んでおり、Web APIの需要はますます高まってきています。 一方で、API の可視化と統制ができていないと、重要なシステムや機微なユーザー情報の安全が脅かされます。 また、APIをセキュアにする取り組みにおいては、OWASP Top 10 API Security Risksに代表されるようなWeb APIのセキュリティリスクや、シャドウAPIやゾンビAPIのように適切に管理できていないAPIの問題が報告されています。 本セミナーでは、Web APIの現状と課題を整理し、Web APIをどのようにセキュアにしていくべきか、シノプシスが提案する効率的な管理の方法を実例を交えてご紹介します。 主な内容: ・Web APIの現状 ・Web APIの課題とセキュリティ・リスク ・APIのサプライチェーンリスクとシャドウAPIの検出 ・APIの自動テスト ・APIのペンテスト ・Web APIをセキュアにするためのポイント

テレワーク環境の拡大で今や多くの企業で一般的に使われるようになった Microsoft 365 。 便利ではあるものの、従来と異なるデータの扱い方やセキュリティ対策に悩まされる運用管理者が多いのも事実です。 そんな中、話題のMicrosoft 社が発表した次世代AIによる仕事の副操縦士「Copilot for Microsoft 365」が2024年1月16日からは購入チャネルの追加や最小購入ライセンス数の撤廃などで、より多くの方に利用できるようになり、JBCCにも多くのお問い合わせをいただいております! 夢が広がる一方ですが、実は使う前に正しい準備ができていないと期待していた利活用ができない可能性があります。 例えば、Microsoft 365 の中に Copilot に必要なデータが蓄積されていなければいけません。 では、どんなデータを蓄積すればいいの?単にファイルを蓄積するの?蓄積されたデータはどう扱うの? 本セミナーではJBCCの Microsoft 365 プロフェッショナルの3名をお呼びし、「Copilot for Microsoft 365」利用に関して、よくお問い合わせが来る質問を直接お聞きします! その他にも Microsoft 365 を正しく運用するコツなどを語っていただきますので、 是非、ご参加ください!

セミナーの特徴 どのような製品で、どのような連携をするのがよいか、ゼロトラスト実現のベストプラクティスをご紹介 ゼロトラスト環境の検討から実装の段階に入っていますが、実際に導入・運用する上で、どのような製品連携をすればセキュリティと運用性を担保できるか、悩まれている方も多いのではないでしょうか。 一つの答えとして「ユーザーをいかに動的に制御するか」という点がポイントになってくると言われていますが、製品がどのように有機的に連携し、動的制御するか具体的な情報はまだ少ないのが現状です。 本セミナーでは、Okta×CrowdStrike×Netskopeの3製品を有する弊社独自の情報を元に、IDaaS/EDR/SASE業界を代表する3つの領域の製品を用い、どのようにユーザーを動的に制御し、安全でセキュアなゼロトラスト環境を構築・運用していくか、事例やデモを交えご紹介します。 セミナー参加者限定!コーヒータイムで情報交換会 ★参加者の方へノベルティプレゼントあり セミナー後にはカフェスペースにて、ゼロトラストにおけるお悩み相談を受け付ける場を設けます。 是非この機会にご参加頂き、お客様のセキュリティ高度化にご活用頂ければ幸いです。

今回のセミナーは、『自社ECのSEO』がテーマです。 「大手モールサイトに出品しているが、収益性から自社サイト経由の比率を増やしたい」 「アプリ登録や自社ECへの会員登録を自社サイト経由で増やし、マーケティングを強化したい」 など様々な理由から、『自社ECの集客力を向上させたい』とお悩みの方は多いかと思います。 ただし、自社ECのSEOは適切な戦略を見定めることが非常に重要となります。 「検索回数が多い、ユーザーがよく検索するワードで上位獲得したい」と思っても、 超大手モールサイトが立ちはだかり、簡単には上位獲得できないケースが多いです。 また、「ブランドイメージを壊さない範囲でしか実装ができない」といった制約により、 対策方法が定まらず、前に進めないケースも多いです。 その結果、社名やブランド名でしか検索で流入しないサイトも多く存在します。 自社ECでは、このように ・実際にどのキーワードを対策の中心にするのか ・ブランドイメージを保ちつつ、できる施策はどういったものなのか をきちんと整理したうえで、目標を立て実行に移していくことが通常のSEOよりも重要です。 今回は、サイトをいくつかの切り口でパターンに分けた上で、 それぞれのパターンにて陥りがちな問題や、 それらを解消する有効なSEOの方針を解説します。 また、実際に上記の戦略や制約に沿って実装した施策もいくつかご紹介します。 ご参加いただいた方には、ユーザー目線のサイト作りをサポートする 「ユーザーインテント分析シート」をご用意していますので、ぜひご参加ください。

ノーコード型エクセル業務効率化支援ツール「楽々Webデータベース」は、既存のエクセルをもとに簡単にアプリを作成して、情報共有・更新を容易にし、今あるエクセル業務を改善できます。さらに、貯めたデータをつなげて活用でき、データの価値を一段と高めます。 当社では、楽々Webデータベースの特長を説明し、実際の画面と手順をお見せしながら使い方を解説する「製品紹介ウェビナー」と、「課題管理」、「ヒヤリ・ハットの報告」、「棚卸業務」など実際の業務事例を 題材に、アプリを作成し、エクセル業務が改善される様子を解説する「活用事例紹介ウェビナー」を開催しています。 いずれもウェビナーは全体で1時間ほどの長さとなっており、無料で自宅や自席からお気軽にご参加いただけ、質疑にもお答えいたします。ぜひ、楽々Webデータベースを知っていただき、業務改善とデータ活用の手立てとしてご検討ください。 ■製品紹介 「楽々Webデータベース」は、エクセルファイルを簡単にWebアプリ化し、情報共有・更新を容易にします。今あるエクセル業務の改善のみならず、効率的にデータを貯めて、さらに活用できる「楽々Webデータベース」の特長と魅力についてご紹介いたします。

アジャイル開発やサイバーセキュリティへの対応、AIの活用など、 開発において求められることがどんどん増えていく今、 その進め方(プロセス)もきちんと管理していかなければなりません。 さらに、新しい技術が出てくる分、規格もアップデートされていきます。 市場への製品投入後のトラブルを回避するためにも、 規格に基づいた質の良いプロセスに沿って作られた質の良い製品を目指すことが不可欠です。 従来プロセスは、ExcelやWordなどで”管理”されていました。 技術、規格の進化に併せてその管理方法も見直されるときが来ました。 そもそも、きちんと”管理”されていましたか? 「文書として”定義”して終わり。きちんと参照されているか分からない、全然改訂されていない。」という状況から抜け出しましょう。 今回のセミナーでは、 ・規格対応したいけど、大変そう、どうしたらいいか分からない ・DXを掲げてプロセスの活動をしてるけど、実際効率的にするにはどうしたらいいんだろう ・自社の開発プロセスがいまいち… といった課題をお持ちの方に向けて、 以下のようなプロセス管理のポイントを解説していきます。 ・国際規格の動向やトレンド ・効率的な規格対応の考え方 ・きちんと現場に則したプロセスにする方法 規格対応、プロセス管理、プロセスに則った開発でお困りの方は 是非ご参加ください。

経済産業省の「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」で提示されている2025年の崖問題。 デジタル技術を活用したビジネスの推進が求められる一方、既存システムの複雑化・老朽化・ブラックボックス化している企業も多く存在し、データ利活用・連携が課題となりDXの足かせになっています。 そこで、今回のセミナーではこれらの課題を解決する1つの手段をご紹介します。 当社がこれまで行ってきた 「業務の可視化・効率化システム開発」 「業務自動化システム開発」 の実績の中で、作業時間短縮が可能となったツールになります。 導入負担を軽減しながら社内DXを始められるツールになりますので、 2024年問題、2025年の崖、と課題が続く現状の解決に是非ご視聴ください。 ================================== ■詳細 場所:WEB ツール:Zoom  ※お申込みいただいた方へ参加用のURLを送付いたします。 ■時間:45分(予定) ■タイムスケジュール ・17:00~17:05 ご挨拶 会社初回 講師紹介 ・17:05~17:10 セミナーの目的 ・17:10~17:25 今すぐできるDX_ツールの紹介 ・17:25~17:40 レガシーシステム対策、データ活用が可能なAI×RPAソリューションの紹介 ・17:40~17:45 質疑応答 ・17:45~    終了のご挨拶 ※プログラムの内容は変更する場合もございます。 ====================================

近年、よく耳にするようになった「DX化」「リスキリング」。 これらを掲げ、組織の成長のために社員のデジタルスキル向上を目指す一方、 「取り組んではいるものの、期待した効果が出ない」 「効果が出ない理由がよくわからない」 といったお悩みを抱える企業が多いようです。 なぜ多くの企業で、「DX化」「リスキリング」は進まないのか? また、具体的にどのような取り組みをすると、社員のデジタルスキル向上が 実現するのでしょうか? ヒントとなるのが、ビジネスにおける「読解力」。 社員全体のデジタルスキル向上を進めるには、何においても読解力の向上が不可欠! というのが本セミナーのテーマです。 本セミナーでは、ベストセラー『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の著者であり、 読解力測定ツール「リーディングスキルテスト」の研究・開発を主導するなど AIや読解力の分野でのトップランナーとして著名な新井 紀子氏に語っていただきます。 デジタルスキルはもちろん、あらゆる業務の成果向上に欠かせない読解力。 具体的な事例や、鍛えるためのポイントなど、研究結果から得られた知見を共有する セミナーとなります。 ぜひご参加ください。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました