イベント・セミナー 検索

検索条件

キーワード ジャンル タグ 種別 地域 開催日時 2023年 06月 04日 ステータス 申込受付中 表示順 開催日順

362

並び替え

表示件数

●概要: キッティングとはパソコンなどの導入時に実施するセットアップ作業のことです。NEXT GIGA、Windows 10のサポート期間終了によるWindows 11へのアップグレード、新入社員の入社、オフィス移転やテレワークシフトなど様々な理由により、大量のPCキッティング作業がPC管理担当者に求められます。PC管理担当者にとってキッティングは、とにかく時間と人手がかかる頭の痛い作業です。キッティング作業をスマートに終わらせるためには、きちんと自動化されたマスターを作成し、それをいかに短時間で多数の PC に展開できるかが最大のポイントになります。 アクティファイ(旧ネットジャパン)が開発したActiphy Rapid Deployは、当社の定番製品のActiveImage Deploy USB(Plus)の機能に加えて、新たにネットワーク配信にも対応した新製品です。パソコン/サーバーのマスターイメージを作成後に効率よくデプロイ作業をおこなうことができます。ネットワーク配信の環境もIP設定、DHCPサーバーの準備などが一切不要で、単に同一LANのネットワークへ有線接続するだけで実行環境が構築できます。 ●対象: ・ネットワーク配信でキッティングを行いたい方 ・ドメイン参加するパソコンのキッティングを行いたい方 ・コンピューター名などを自動割り当てしてマスター作成したい方 ●内容: 1. Actiphy Rapid Deployについて(ActiveImage Deploy USBとの違いなど) 2. Windows11のマスター作成(23H2以降では”oobe\BypassNRO.cmd”が必要なことや、プロビジョニングパッケージの設定など) 3. Windows11のマスター展開 ●日程: 2024年6月27日(木) 14:30 ~ 15:20 ●申し込みURL: https://www.actiphy.com/ja-jp/seminar/

先日総務省から「郵便料金の値上げの可能性」が発表されました。 ・郵便事業の収益改善を目的に、25年度の黒字化をめざして、早ければ2024年秋をめどに値上げ実施か ・定形封書での場合、84円→110円と約31% ・はがきの場合、63円→85円と約35% の値上げがある見込み… 数百通、企業様によっては数千通単位で発行される請求書、支払通知書を含む取引関係書類。 通数が増えるほど、郵送コストにも大きく影響します。 今回の値上げが履行されると、郵送コストは30%以上、上昇してしまいます。 電子化によって郵送コストを最小限にしませんか。 郵便料金の値上げで変わるコスト想定と請求書を電子で発行・送付するメリット、電子化によって業務コスト削減を実現された企業様の事例をご紹介。 これ以上のコスト増加を避けたい経営者の方、この機会に業務工数を削減したい経理ご担当の方向け、郵送コスト増加による影響と請求書発行・送付の効率化、コスト削減の実現方法がわかる60分です。 法制度に沿って仕組みを変えていく際には不安がつきものです。 判断しづらい決定も複数人なら進むきっかけに、ぜひ社内の皆様でお誘い合わせの上、お気軽にお申し込みくださいませ。 こんなに方おすすめ ・郵便料金の値上げで起こる変化を知りたい方 ・郵便料金増加によるコスト増加を避けたい方 ・請求書発行・送付の効率化、コスト削減を実施されたい方

【概要】 2021年12月、生命保険業界において「業務品質評価基準」が取りまとめられました。この基準策定は、生保業界にとどまらず、お客様に商品・サービスを提供する全ての関係者にとっての福音となりうるものです。 この基準の4つの柱である、「顧客対応」、「アフターフォロー」、「個人情報保護」、「ガバナンス」に焦点をあて、今回それぞれの分野で活躍される専門家が一堂に集まり、それぞれの立場からご解説いただきます。 本セミナーでは、4人の専門家からは当該評価基準やクリア要件の解説ではなく、4分野における示唆に富んだトピックおよび取組事例、今後の展望等についてご講演いただきます。 合わせて、顕著な取り組みをされている保険会社様にもご登壇いただき、事例紹介として発表いただきます。 【推奨対象】 保険会社をはじめとする、金融機関のコンプライアンス部門・リスク管理部門、内部監査部門、営業部門、経営企画部門の実務担当者ならびに経営者・管理者クラスの方々。また、金融ソリューションを手掛ける事業会社や、保険募集・品質管理に関わる業務に従事する担当者の方々。 【セミナー詳細】 【第一部】企業文化に基づく、これからのアフターフォロー 第一部セッションでは、「アフターフォロー」をテーマにし、真に顧客本位を実践するためのヒント(募集時のみならず様々な顧客接点にちりばめられているもの)を取り上げ、解説を加えてまいります。キーワードは「終わりを念頭に置いて始める」ことです。 1.お客様の声を「きく」こと 2.アフターフォローに結ばれる『企業文化醸成』の支援例 3.これからのアフターフォロー 4.質疑応答 【第二部】実効性が求められる個人情報管理態勢のポイント 業務品質基準では個人情報保護に係る態勢整備・業務運営が求められています。個人情報保護は既に整備済みであると考えられますが、その運用については、リスクが軽減されていないケースも散見されます。第二部セッションでは、保険代理店に関連する事故事例や必要な管理態勢について解説します。 1.個人情報管理の態勢整備 (1)セキュリティ教育 (2)点検の観点 2.システム面の課題と態勢整備 (1)サイバー事故はなぜ起こるのか (2)侵入調査の必要性 3.質疑応答 【第三部】企業価値の向上に貢献する「顧客対応」のあり方 業務品質評価基準の「顧客対応」の各項目は、企業価値の毀損防止(保険業法違反・監督指針違反の防止)の観点で捉えられがちですが、“顧客本位”の視点も交えると、企業価値の向上に貢献するものとして捉え直すことができます。第三部セッションでは、「顧客対応」の各項目を保険代理店の収益向上や募集人のモチベーションの向上にどのように活かすかについて、解説します。 1.企業価値の向上に貢献する「意向把握」と「比較・推奨」 2.顧客対応履歴の戦略的活用 3.「顧客対応」の実践の文化的定着 4.質疑応答 【第四部】募集人の労務管理から見た課題とガバナンス向上に向けたポイント 人材不足の時代に企業として継続して発展するためには募集人個人の業務品質向上が不可欠です。第四部セッションでは、多くの募集人を適切に管理し、個人の能力やモチベーションを維持できる仕組み作り、考え方についてお伝えします。 1.従業員定着のためにできること 2.顧客本位につながる報酬や評価のあり方 3.これからの企業に求められる考え方 4.質疑応答 【第五部】メットライフ生命の業務品質向上に向けた取り組み事例 保険募集について、足元の環境下で課題と品質向上に向けて留意事項や具体的取組について、ご紹介します。 1.足元の販売環境も加味した募集管理 2.Forward lookingマインドの未然防止 3.質疑応答 【第六部】“幸福”な成長を追求するアフラックの挑戦 アフラックは、「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という想いのもと、日本初のがん保険と共に創業し、本年50周年を迎えます。 保険領域にとらわれず、デジタルの活用や様々なステークホルダーとの協業によって、「経済価値の追求」と「社会的課題の解決」の両立を実現し、生活者の“幸福”な成長に貢献してまいります。 その一例として、保険業界における生成AIを活用した新たな挑戦や、自治体等との共創をご紹介します。 1.自己紹介および会社紹介 (1)自己紹介 (2)当社のご紹介 (3)アフラック流のCSV経営 2.アフラックがDXにより実現したいこと 3.“幸福”な成長とアフラックのDX (1)経済価値の追求 (2)社会的課題の解決 4.最後に 5.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/7/1(月)13:00 ~ 2024/7/8(月)13:00まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

本セミナーでは、日ごろ含有化学物質情報の管理・調査回答等の業務に携わっておられる方々に向け、有効な情報やソリューションをご用意いたしました。ますます加速する化学物質法令制対応や管理業務の効率化にお役立ていただける内容となっております。 【プログラム】 ーーーーーーー 13:15から13:30 アクセス開始 ーーーーーーー 13:30から14:40 講演1:主要国の製品含有化学物質法規制のトレンド2024~ RoHS指令/REACH規則の振り返りと今後の展望 ~ EUのグリーンディール政策により、各種の製品規制の改正検討が進められており、その中にはRoHS指令やREACH規則といった成形品を対象とした製品含有化学物質規制も含まれています。また現状の法規制に基づいた活動として、RoHS指令の制限物質や適用除外用途の見直し、REACH規則のPFAS類の制限検討、米国TSCAのPBT禁止規則の見直し等、多くの企業に影響を及ぼす内容の検討も進められています。これら1つ1つの変化は当局のホームページ等で確認できますが、全体の流れを把握しておくことが重要です。本講演では、EUのRoHS指令およびREACH規則を中心にこの1年の変化の振り返りと、今後の展望についてご紹介します。 ーーーーーーー 14:40から14:45 休憩 ーーーーーーー 14:45から15:05 講演2:chemSHERPAに関する最新動向 本講演では、9月公開予定のchemSHERPA V2R1の概要や今後の対応方針などについてご紹介します。 ーーーーーーー 15:05から15:25 講演3:含有化学物質情報管理システム『グリーン調達マイスター』 グリーン調達マイスターは、chemSHERPA/JAPIAシートといった業界標準データや不使用保証書等、含有化学物質管理業務での管理対象となるものの調査・進捗管理を行うことができます。また、収集したデータから自社製品の適合情報を把握するための判定等、管理業務上の課題を解決するための豊富な支援機能についてご紹介します。 ーーーーーーー 15:25から15:45 講演4:業務工数60%以上削減!品質管理システムでDX化 QC-Oneは、検査情報や規格値を一元管理。 検査装置とのデータ連携による入力効率化や、合否判定・統計分析の自動化も実現できます。本セミナーでは、QC-Oneの機能と導入効果について、ディスクリート向け「n数検査」と「図面参照」機能のデモを交えてご紹介します。 ーーーーーーー 15:45から16:00 品質保証部門様向け商品の紹介・質疑応答 (チャットで記入されたご質問を取り上げます。) ーーーーーーー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 【内容】 ・個人データの第三者提供と、委託、共同利用等の違い、  第三者提供時の確認・記録義務、外国にある第三者への提供等 ※基本的なルール全般や安全管理措置については当機構の別セミナーをご利用ください 【対象】はじめて個人情報保護に取り組む人事、総務ご担当者様、     個人情報保護についての理解が必要な事業責任者様、経営者様 【定員】各回とも 10名様まで 【利用ツール】Zoomウェビナー ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 一般社団法人日本プライバシー認証機構は個人情報保護法が施行される前の2001年より 長きにわたり企業の個人情報保護をサポートしてまいりました。 ・当機構ホームページURL  https://www.jpac-privacy.jp/ 2022年4月の改正で個人情報保護法の法定刑が大幅に引き上げとなる等、 個人情報保護の重要性がより高まっています。 個人情報保護法では様々なルールが定められていますが、その中でも 「自社が取得した個人情報を、他社等にわたす」ということを実施する 場合には、やや複雑なルールがあり注意が必要と言えます。 その場合、そもそも「提供」に該当するのか、提供となる場合は 「第三者提供」なのか、「委託にともなう提供」や「共同利用」なのか、 といった場合分けが重要となります。 本セミナーでは、「はじめて個人情報保護に取り組む方」向けに、 第三者提供、委託等の場合分けの考え方やルールにフォーカスをあてて 分かりやすくご説明します。 「第三者提供、委託、共同利用の違いがわからない」 「クラウドサービスの利用が第三者提供になるのか確認したい」 「組織や事業で個人情報の他社にわたしているが問題がないか確認したい」 といったお悩みをお持ちの皆様にお役立ていただける内容です。 個人情報保護への取り組みの最初の一歩として、お気軽にご視聴ください。

■簡単導入で業務改善できる企業内検索をご紹介 普段の業務の中で「あの資料、どこに置いたかな」と長い時間をかけて探したことはありませんか?頑張って探したものの結局見つからなくて、資料を作り直した経験があるのではないでしょうか。 エンタープライズサーチ QuickSolution(クイックソリューション)を使えば、インターネットで欲しい情報を探すように、企業内のファイルサーバやWebサイト、データベース、クラウドサービスの中を、ファイルの中まで検索して、探していた情報に素早くアクセスできます。それどころか、実は隣の人が作っていた役立つ情報を見つけて、より良い結果を出せるかもしれません。 QuickSolutionは、企業内検索システム(エンタープライズサーチ)市場でシェアNo.1のシステムであり、幅広い業界・業種で活用されています。多くのお客様で採用されている活用方法から毎回1テーマを選び、事例やデモを交えながら、Webセミナー形式でご紹介していきます。 今回のテーマは「企業内検索で業務効率化」です。 ■企業内検索で業務効率化 実は、社員100人の会社では、年間に約5,000万円分の無駄な時間を「情報探し」にかけていると言われています。このような無駄な時間を簡単に減らし、業務を劇的に改善するには、どうすればいいでしょうか。 シェアNo.1の企業内検索システム(エンタープライズサーチ)であるQuickSolutionを20年以上自社開発してきた当社が、企業内検索を導入し業務を劇的に改善するコツをお伝えします。

近年、日本の企業の多くが慢性的な「人手不足」に陥っています。 その中でも、製造業の就業者数は年々減少しており、深刻さを増しています。 一方で、日本の製造業は国内総生産の2割をも占める業過であり、さらに世界でもトップクラスの高度な技術が求められるという、日本の経済を支える中心企業としての役割を担っています。 そんな製造業の多くが、現在目標とされているのが「工場のDX化」ではないでしょうか。 限られた人手の中で、システムを利用することによって、事務的な作業を自動化したり、より効率よく成果を生み出すというDX化は、今や多くの企業がその推進を掲げられています。 しかし、実際にDX化を進めることができているのは、DX化を推進することができるIT人材が十分に確保できている企業のみであり、一部の企業しかDX化を進めることができていないのも事実です。 本セミナーでは、「製造業の人手不足」という大きな問題の中でも、「IT人材の不足」にフォーカスして、その対応策をノーコードツールと共にご紹介いたします。 【ご紹介ソリューション】 ・ノーコードデータ連携ツール「ASTERIA Warp」 ・ノーコードWebアプリ開発ツール「Forguncy」

◆イベント概要 このたび、Google Cloud のパートナーであるシステムサポートにて、CDP( カスタマーデータプラットフォーム )活用ウェビナー「限られた予算で顧客エンゲージメントを最大化!CDPで実現するデータドリブンマーケティング」を開催する運びとなりました! 本ウェビナーでは、CDPとは?から、導入のメリット、事例まで、データドリブンマーケティングを成功させるために必要なポイントをご紹介します。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 【概要】 https://sight-r.sts-inc.co.jp/event_seminar/cdp_business_webinar_20240703/ ※システムサポートは、データ分析の分野でスペシャライゼーションを取得している Google Cloud のプレミアパートナーです。 ◆こんな人におすすめ!  ・小売業、EC、アパレル、などのBtoC企業のビジネスユーザー  ・マーケティング、営業、顧客サービス、経営企画などの部門に所属する方  ・顧客データの活用に課題を感じている方  ・データドリブンな意思決定の実現を目指している方 ◆イベントについて  ・日時:2024年7月3日 (水)  ・時間:10:00 - 11:00  ・参加方法:オンライン(Google Meet)  ・参加費:無料  ・準備するもの:以下事前準備をご確認ください。 ◆事前準備  ・PC(Windows もしくは Mac端末)  ・Google Cloudアカウント作成及び、プロジェクト作成   ※Google Cloudのサービスを利用しますので、料金が発生する可能性があります。    無料クレジットの範囲内で収まる想定ですが、ご了承の上、ご参加ください。 ◆イベントスケジュール  10:00 - 10:10 はじめに/メンバー紹介/イントロダクション  10:10 - 11:00 CDPの概要とビジネス環境での重要性/Lookerの紹介とその機能         /Lookerを利用したBtoCビジネスケーススタディ/Q&Aセッション  ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ◆お問合せ  フォームより「セミナー/ウェビナーについて(https://sight-r.sts-inc.co.jp/contact/)」お問い合わせください。 ◆注意事項  ・迷惑行為は禁止とさせていただきます。ハラスメント行為などがあった場合は即時退出、今後のイベント参加をお断りいたします  ・会場での営業活動、保険、投資不動産などの営業目的の方、MLM及び宗教関連の方の参加はお断りしております  ・アンケート等でご記入いただいた個人情報の取り扱いについては、以下をご確認ください   ・個人情報保護方針(https://www.sts-inc.co.jp/privacypolicy/)   ・個人情報の取り扱いについて(https://www.sts-inc.co.jp/privacytreatment/index_fordept.html)

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 Tech-T 代表取締役/埼玉工業大学 客員教授 (元トヨタ自動車/Samsung SDI) 博士(工学) 高原 忠良(たかはら ただよし) 氏 【重点講義内容】 トヨタの決算は営業収益43兆円超え、円安の影響があったとはいえ営業利益は驚異の5兆円に迫るものです。世界販売台数も、トヨタ単独で1000万台超えと一人勝ちです。TESLAの勢いが陰り、世界的にも電気自動車への流れの鈍化が見え、ハイブリッド車の割合が急拡大しており、各種SNSや一部報道では「やはりトヨタが正しかった」などの論調が目立ちます。マルチパスウェイを掲げるトヨタとしてどのような戦略を取るのかに注目が集まっています。 昨年、6月中旬の株主総会前後にトヨタから各種アナウンスされ、今年も同様と想定されます。トヨタからのアナウンスを、その背景も含めて分析することで、トヨタのこれからが見えてきます。決算状況とともにそれらの発信情報を分析します。また、日本国内にはあまり伝わっていないHyundai Motor Groupや韓国水素エネルギー政策との比較分析も、トヨタの動向を客観的に理解する上で重要であり、この点も合わせて解説します。 トヨタはマルチパスウェイのさらに先の世界を狙っています。マルチパスウェイを独自視点で解説の後、トヨタの広がりのある未来ターゲットを推察してみます。さらに先の世界とは・・・ぜひセミナーにご参加ください。トヨタ出身で、その後サムスン等のグローバル企業勤務経験があり、現在も現地現物コンサルタントとして新エネルギー車を中心に試乗や現地調査を継続しモビリティの最新動向を調査分析している講師による、オリジナル最新セミナーです。 1.新エネルギー車の販売トレンド  (1)2022年2023年の経時変化  (2)主要地域ごとの新エネルギー販売状況  (3)水素燃料自動車の未来は? 電動車・エンジン車共通のエネルギー課題 2.トヨタ成功の歴史を振り返る  (1)ハイブリッド車 プリウス  (2)グローバル各拠点開発 東南アジアIMVと北米PMV・SUVの大成功  (3)TGNAの功罪  (4)Hyundaiの戦略を参考する 3.OEMと政府政策  (1)日韓政府の水素戦略  (2)中国政府の新エネルギー施策  4.最新のトヨタ自動車の動向  (1)決算報告、株主総会から  (2)全固体電池、ギガキャスト、自走式新組立方法  (3)燃料電池と水素エンジン  (4)日野、織機、ダイハツの認証取り消し 5.マルチパスウェイの具体化と想定される次世代ビジネス?  (1)拠点分散同時開発とトヨタ式大部屋体制  (2)ハードからソフトへ  (3)カーボンニュートラル  (4)Society5.0    6.まとめ 7.質疑応答  8.会場受講限定 セミナー終了後に講師との詳細な意見交換会 ※最新動向により内容の一部を変更する場合があります。

【概要】 世界でPEファンドやVC、プライベートクレジットファンドによる投資が活発です。国内でもバイアウトファンドによる事業承継や大企業の事業部門カーブアウトを背景とした企業買収が増加し、合併、買収が盛んです。また、米中関係の悪化が顕著になった以降、国内スタートアップに欧米投資家が注目しており、同時に国内VCにも国内外の機関投資家資金が流入し始めています。近年では、ファンドLP持分のセカンダリー取引や長期保有銘柄を継続保有するためのGP主導のセカンダリー取引等も一般的になり、セカンダリー専門ファンドの設立もみられるなど、PEファンドを中心としたエコシステムが構築されています。ファンドに対して資金を供給する投資家の種類や投資形態も多様化し、金融機関においては、有価証券投資の多様化との 位置づけ以外にも、 LBOファイナンスの供給を目的としたファンド投資を始める傾向も見られます。一方、キャピタルコールやディストリビューション(分配金)等の独特のキャッシュフローを持ち、長期間の投資となる低流動性資産のパフォーマンス測定及びリスク管理は、従来の有価証券に関するリスク管理とは異なる部分も多くあります。 本講義では、PEファンドの歴史、現在の投資の傾向について概論し、PEファンド投資とセカンダリー投資の実務について解説します。 【本セミナーで得られること】 ・PE投資、及びセカンダリー投資に関する基礎的な知識と理解 ・PEセカンダリー投資における実務対応 【推奨対象】 金融機関の投資責任者・実務担当者、リスク管理担当者、ファンド関連のサービス提供を行う弁護士、会計士等 【セミナー詳細】 1.PEファンドとはなにか (1)バイアウトファンドとはなにか - 国内外のバイアウトファンドの歴史と現状 (2)ベンチャーキャピタル(VC)とはなにか - 国内外VCの歴史と現状 (3)その他のアセットクラス - プライベートクレジットや実物資産投資について 2.PEファンド投資の実践 (1)投資の意義・目的 (2)投資の実務 - 調査・投資実施・モニタリング・ポートフォリオ管理 (3)調査・モニタリングの要点、投資契約実務の要点 3.パフォーマンス管理とリスク管理 (1)ファンドレポート、開示資料の読み方、パフォーマンス比較方法 (2)PEファンドの公正価値評価の重要性と評価方法 (3)PME(パブリック・マーケット・エクイバレント)について 4.セカンダリー投資のトレンド (1)PEセカンダリー投資の歴史と現状 (2)PEセカンダリー投資活用方法 (3)パフォーマンスの特徴 (4)セカンダリーポートフォリオの構築実務 5.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URL(ウェビナーID/パスワード含む)とPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/07/05(金)13時~2024/07/12(金)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

今では多くのワークフロー製品が販売されており、ワークフロー機能を搭載したグループウェアなどもあり、様々な選択肢があります。 楽々WorkflowIIは、2005年の発売以来多くのお客様に導入いただいていますが、「特長はなんであるか」「評価をいただいているポイントはなにか」をウェビナーを通して理解を深めていただきたく、テーマ別のウェビナーを複数ご用意しています。 なお、いずれのウェビナーも、テーマにフォーカスした視点のみならず、製品の特長や機能のご紹介も含んでおります。 新規導入をお考えのお客様も、置き換えを検討されているお客様も、どうぞお気軽にご参加ください。 ■柔軟な経路設定は、楽々WorkflowIIの真骨頂! 複雑なワークフローを難なく設定できる豊富な機能をご紹介 日本におけるワークフロー経路は、海外と比べて、1つの事案において関係するメンバーが多く、特に稟議書は日本特有の文化で業界を問わず存在し、複数人に回覧して全員の承認を得なければなりません。 また、それらの回覧ルールは部門ごと、業務ごとにばらばらなため、簡易的なワークフローシステムでは要件を満たせず、適切かつスピーディに必要な文書データを回覧することができません。 ワークフローシステムを検討される際には、「合議」、「条件分岐」、「根回し」など日本の商習慣にそった経路を柔軟にかつ簡単に設定でき、回覧ができてこそシステム導入の意義があります。 楽々WorkflowIIは、日本の商習慣や複雑な組織構造を熟知した製造業の現場から生まれたワークフローシステムです。 マウス操作でGUIの見た目そのままに経路を設定することが可能であり、経路が複雑でかつ多くの部門にまたがるような稟議書のワークフローも、システム管理者だけでなく、現場部門メンバーでも設定可能です。 楽々WorkflowIIで、どのような経路設定が、どのような手順でできるのか?製品特長や機能紹介と共に解説いたします。

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 ローランド・ベルガー プリンシパル アジアジャパンデスク統括 下村 健一(しもむら けんいち) 氏 【重点講義内容】 東南アジアの小売市場は構造変化を迎えている。実店舗小売市場が主体の市場からECシフトが進んでいることは周知の事実だ。しかし、重要なのはその担い手が中国資本のプラットフォームである点である。従来のShopee、Lazadaに加え、TikTok Shopも勢いを増している。これら中国系のECプラットフォームには、中国からの越境ECを通じて中国製FMCGが東南アジアに大量に流入している。東南アジアの消費者、特に若い世代は意識せず、中国の商品を身近な生活で消費することになった。  この結果として、東南アジアの消費購買市場にどのような影響をもたらすか。そして、日系の消費財メーカー、食品メーカー、小売企業にどのような脅威と事業機会をもたらすのか。この講演ではそれらの内容に迫っていく。 1.東南アジアの小売市場概況 2.東南アジア小売市場における構造変化(以下はその例示)  ・ECシフトの量的進行  ・ECシフトの質的変化(ライブコマース、Qコマース)  ・中国系ECプラットフォームによる市場席捲  ・実店舗小売市場の商圏構造の変化  ・伝統的小売を軸としたエコシステム 3.日系消費財メーカー・食品メーカー・小売企業に対する脅威と事業機会 4.質疑応答/名刺交換

◆業務フロー・プロセスを可視化する手法・分析する方法を学ぶ 「Value Stream Mapping(VSM)」とは、トヨタ生産方式の「モノと情報の流れ図」を元に開発された業務フロー/プロセスを可視化する手法です。顧客に価値を創出する一連の工程の全体像をステークホルダーが集まって作成し、価値の流れ(バリューストリーム)を理解し、できあがったものを一同で俯瞰的に見ることによって、現状把握や課題発見を行います。 DX 推進におけるデジタル化や業務変革を推進するためには、まずは自組織の現状や課題を見つめ直し最適な改善施策を打つことが重要です。 「VSMワークショップ」では、身近な例を題材にして、実際にVSMを記述し見える化したものを分析します。そして分析した情報を元に改善アイデアを議論します。 このプロセスを通じて、部分最適ではなく「全体最適」の視点で、業務変革を行うための手法を身につけることができます。 ※研修受講後、実業務における実践を促進するには1社から複数名で受講されるとより効果的です。 本講座は、模造紙と付箋を使ってVSM作成する集合研修となっております。 ■開催概要■ 開催日程(1日間): 2024年2月2日(金) (申込締切:1月25日) 講義時間:10:00-17:00 開催場所:ITプレナーズセミナールーム(東京・麹町) ■コースの対象者■ ・顧客への価値提供をさらに向上させたいと考える管理職・現場担当者の方 ・組織横断での業務の全体最適化を行うために、具体的な手法を学びたい方 ・チームや部署全体の成果を上げたいと考えている方 ・コスト削減や生産性向上を含む業務改善手法を知りたい方

▼従来の、「セミナー営業」ノウハウ 従来の、「セミナー営業ノウハウ」は、正直、 「あの人だから、できるんじゃないの?」 という、「ノウハウ」ばかりでした。 「話し方が、引き込まれる」 「ジェスチャーを、有効的に使う」 「イケてる、オーラがある」 「ネームバリューが、ある」 …etc という、イメージが、強かったんですね。 私たちも、真似してやってみて、全く成果が出なかったので、経験済みです。 ▼「話に、自信のある人」が、やる 「セミナー講師」とは、「人前で、話す仕事」です。 基本的には、「話に、自信がある人」が、やります。傾向的に、いわゆる、 ゴリゴリ系 できる系 スピード系 …etc の人が、少なくありません。 我々は、「セミナーサポート」を、やってきましたので、よく分かっています。 ▼申し遅れました https://youtu.be/Mk6_as_Q_ns スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。 知識や技術を提供するスモールビジネスオーナー(コンサルタント・士業・治療院・教室・サロンなど)に向けて、セミナーやワークショップの開催、オンライン講座・スクール・サポートを提供しています。 スモールビジネスオーナーに、 「セミナー営業が、おすすめです」 と、伝えると、以下のような反応が、返ってきます。 それは、、、 ▼「私は、口下手なんです…」 「私は、口下手で、あまり人前で話すことが、得意じゃないんです…」 「どちらかと言うと、「話し上手」というより、「聞き上手」の方なんです…」 「セミナー営業ができたら良いな?とは、思いますが、なかなか一歩を踏み出せません…」 …etc 「セミナーを開催すること」や、「コンテンツを作る」こと以前に、 「人前で、話すこと自体」 に、「ハードル」を、感じているケースが、少なくありません。 ですが、、、 ▼「口下手」や「聞き上手」の方が「講師」に向いている 実は、 「口下手」の人の方が、「セミナー講師」に向いています。 「話し上手」より「聞き上手」の人の方が、「セミナー講師」に向いています。 「驚き」や「疑問」を感じるかもしれませんが、「本当のこと」です。 たくさんの、「セミナー講師」を見てきた、我々が言うのですから、間違いありません。 太鼓判を押します。ご納得頂けるように、ご説明しましょう。 ▼「舌が、よく回るな?」 「ペラペラと、流れるように話す」 「立板に水の如く、よくしゃべる」 「よどみなく、コンテンツを話す」 …etc このように、「舌が、よく回る」と、「怪しさ」が漂い、身構えてしまいます。 特に、「営業」や「セールス」の現場ほど、そうです。 基本的に、「営業」や「セールス」を受ける側は、「警戒」しながら、話を聞きますので、 「舌が、よく回るな?」 と思われてしまいます。 ▼「時代」を、考える もしかすると、「昭和」の時代は、その方が良かったのかもしれません。 でも今は、「平成」はおろか、「令和」の時代です。 「メディアの多様化」 「個人レベルの情報発信者の増加」 「SNS(ソーシャルメディア)の台頭」 …etc 「世の中の様相」は、様変わりしました。 一昔前と比べて、現代は、「情報」に、あふれています。 ですから、「ウソや誇張表現、誇大表現」に、敏感になっているのです。 つまり、「舌が、よく回る」と、むしろ、「怪しまれてしまう」ということです。 ▼「口下手の方が、良い理由」 現代は、 「共感」 「つながり」 「多様性」 の時代です。たとたどしくても、一生懸命に話す姿に、「共感」や「好感」が、持たれます。 ですから、「口下手」の人でも、大丈夫。というより、そっちの方が、「共感」できますので、 「口下手の方が、良い」 とすら言えます。 ▼「聞き上手な人」の特徴 また、「口下手」の人は、「話し上手」より、「聞き上手」の人が、少なくありません。 実は、 「話し上手」よりも、 「聞き上手」の方が、 「セミナー講師」に、向いている のです。より、「聞き手の立場」に、立てるからです。 ▼「共感力」の違い 「聞き上手」な人は、普段から、人の話を、よく聞いています。 つまり、「会話」や「コミュニケーション」において、「聞き手の立場」になる機会が、多い。 「聞き手の立場になる機会が多い」ということは、聞き手が、 どこで、「疑問」や「不安」を抱くか? どこで、「怪しさ」を感じるのか? どこで、「警戒心」を抱くか? …etc ということが、「経験」的に、分かるということです。(少なくとも、「話し手側」よりは。) つまり、「聞き手」に「共感」することができる、ということです。 「ウソや誇張表現、誇大表現」に、敏感に、気付くことができるということです。 ▼「聞き上手な方が、良い」理由 セミナーでは、参加者の方に、 「ウソくせ?」 「誇張表現、誇大表現だな」 「話半分に、聞いておこう」 と、思われたら、終わりです。その後の話には、耳を傾けてもらえなくなります。 当然、「商品やサービス」が、売れるはずなど、ありません。 ですから、「セミナー講師」には、そういうことに、敏感に気付くことができる、 「聞き上手な方が、良い」 のです。 ▼「話上手」だと、自負している人 「話に、自信がある人」 「話上手だと、自負している人」 「人前で話すことを、何とも思わない人」 は、そういうところに、気が回らず、「共感」してもらうことができません。 ですから、「口下手」や「聞き上手」な人は、むしろ、、、 ▼「話に慣れてきた時」こそ、注意 「話すことに慣れてきた時」こそ、注意 しなければなりません。「初心」を、思い返さなければ、なりません。 「怪しさが、漂っていないか?」 「顧客に、プレッシャーを与えていないか?」 「身構えさせていないか?」 …etc 「話に慣れてきたとき」には、チェックした方が良いでしょう。 大丈夫。もともと、「口下手」、「聞き上手」なのですから、すぐに、「修正」できます。 ▼「セミナー営業」「オンラインセミナー」実践の悩み… 「セミナー営業」や「オンラインセミナー」を実践していく中で、よくある代表的な悩みは、 「どうやって、セミナーを作っていけば良いのか分からない…」 「そもそも、私に、セミナー講師なんて、できるかな…」 「どちらかというと、話し上手より、聞き上手の方なんだけど…」 「セミナーを開催してみたけれど、申込みが入らない…」 「安定的に、継続して、セミナーに集客することができない…」 といったものです。 ▼『口下手セミナー営業の始め方 & オンラインセミナー』 もしあなたが、 「口下手でも大丈夫な、セミナー営業の始め方を知りたい」 「売り込みや値引き交渉とは無縁の、セミナー営業を取り入れていきたい」 「売れないセミナーではなく、売れるセミナーを開催していきたい」 「セミナーに、安定的に、継続して、集客できるようになりたい」 「人数・場所・会場費の制約が無い、オンラインセミナーを開催していきたい」 という場合は、このセミナーに参加してください。

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 イグニション・ポイント デジタルユニット事業責任者 パートナー 羽間 裕貴(はま ゆうき) 氏 【重点講義内容】 本講演では、生成AIについて正しく理解し、業務に組み込めるようにするだけでなく、生成AIを価値創出のツールとして、サービスやビジネスモデルを開発していけるような人材となっていくために必要なスキル、例えば具体的なビジネスモデルへの生成AIの応用方法や、業務プロセスの効率化やコスト削減の具体的事例、さらには生成AIを活用した新規事業創出の具体例についても詳しく解説します。 さらに、実際のイグニション・ポイントでのコンサルティングプロジェクトでの事例紹介や、生成AIを活用した具体的なユースケースについても紹介します。これにより、クライアントの課題とその解決方法、生成AIの力を最大限に引き出し、業務効率化から新規事業創出まで、その可能性を最大限に活用するための具体的な方法、そして生成AI時代における提供すべきコンサルタントとしての本質的な価値についても解説します。 1.生成AI活用アプローチ 2.生成AI活用プロジェクト事例紹介 3.生成AIユースケース・コンサルティングの紹介 4.実際のコンサルティング業務での生成AI活用方法の紹介 5.新規事業創出における考え方 6.生成AI時代に必要なスキルについて 7.生成AI時代に仕事ができるとはどういうことか 8.質疑応答/名刺交換


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました