開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社野村総合研究所提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/02/20

【味の素システムテクノ事例】業務革新とサービス可視化・適正化に貢献したサービスデスク製品

味の素システムテクノは、食品大手の味の素グループの情報機能子会社である。味の素本体に加え、グループ会社の情報システムの企画・開発・維持・運用を担当している。現在、2011年から2013年にかけての中期経営計画の一環として、業務機能別の組織体制作りを柱とした業務革新プロジェクト「Tomorrowプロジェクト」と、サービスの可視化・適正化を柱にした合理化プロジェクト「スマートITプロジェクト」を同時に進めている。2011年4月にカットオーバーを迎えたサービスデスク製品の導入も、この2つのプロジェクトと深い関わりがあった。

全体最適を図るべく、業務機能別組織へ変更

photo
味の素システムテクノ
経営企画部 専任課長
中林克夫 氏
 味の素システムテクノは、1990年1月に設立された味の素グループの情報機能会社である。情報化コンサルティング、システムインテグレーション、システムオペレーションなどを事業とし、味の素グループのITの開発と運用を担っている。

 従来、味の素システムテクノは、たとえば味の素本社の会計系システムを維持・開発する部門、販売物流系システムを維持・開発する部門といったように対応する顧客別、事業別に部門が分かれていた。そのため、それぞれの部門ごとに開発や企画、運用を行う部隊が分散しており、非効率な面があったという。そこで取り組んだのが、業務機能別の組織体制作りを柱とした業務革新プロジェクト「Tomorrow(to maximize our value through restructuring of work)プロジェクト」だ。

 取り組みの背景について、味の素システムテクノ 経営企画部 専任課長 中林克夫氏は次のように語る。

「各部門ごとに最適化を図っていたものの、限界を感じており、全体最適の視点で組織体制を変更する必要性に迫られていました。そこで、従来のシステム機能軸の組織から、現在は開発は開発部門、運用は運用部門というように、業務機能軸の組織に変更することにしました。」(中林氏)

 その結果、システム開発につながる企画提案を行う「システムソリューションセンター」、決まった企画提案を具体的にシステム化していく「システム構築センター」、サービスデスクやサービス設計、障害管理を手がける「フロントサービスセンター」、維持・運用業務の標準化や可視化、効率化を伴う維持・運用業務を実施する「ITサービスセンター」の4つに分けられた。

画像
味の素システムテクノの組織体制変更図

「従来は同一の開発案件であっても、アプリとインフラでは問い合わせ先が異なっていたり、複数のアプリに共通して関わる案件を受ける部門が不明確であったりしましたが、今回の変更で問い合わせ先がはっきりとし、顧客にとっても判りやすい体制となりました。」(ITサービスセンター標準化サブセンター長 菊池修 氏)

このページのTOPへ


サービスの可視化・適正化でコストを削減

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

特集ページ

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!