開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社野村総合研究所提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/04/14

レーベルゲート事例:AWSで450万曲配信、障害の内部対応を実現させた運用管理製品とは

オーディオ450万曲、ビデオ2万4000曲を配信する音楽配信サイト「mora ~WALKMAN公式ミュージックストア~」を運営しているレーベルゲート。同社は、クラウド活用にも積極的で、2012年にはAmazon Web Services(AWS)の導入に踏み切り、現在はオンプレミスとクラウドのハイブリッドなシステムで膨大な音楽データを配信している。ただし、システム管理の面では、徐々に管理の非効率化が問題となっていた。情報システム部門の担当者に、抱えていた問題とその解決策を聞いた。

運用効率化のためジョブスケジュールの新規導入と監視ツールのリプレースを決定

photo
レーベルゲート
システム部1課 課長
櫻堂 朝彦 氏
 レーベルゲートは、国内有力レコード会社の共同出資により、2000年に設立された音楽配信のサービス運営会社である。同社が運営しているPCとAndroid向け音楽配信サイトmora(モーラ)では、オーディオ450万曲、ミュージックビデオ2万4000曲を配信している。

 2013年10月からは、CDを超える音質を持つ「ハイレゾ音源」の提供も開始。コアな音楽ファンだけでなく、より高音質を求める一般ユーザーにも広く受け入れられている。

 同社のシステム部は、この音楽配信を支えるシステムはもちろん、基幹系も含めたあらゆるシステムを開発・運用している部署だ。そのシステムの特徴は、クラウドを積極的に活用していること。システム部1課 課長 櫻堂朝彦氏は次のように説明する。

「2012年の10月にサイトをリニューアルし、デジタル著作権管理(DRM)のない配信を開始したのですが、そのタイミングでAmazon Web Services(AWS)を採用しました。リニューアルまで時間もなかったので、機器を揃える必要のないAWSは都合がよかったというのが導入の直接の理由です。また、新しいことにチャレンジするにもよいタイミングでした。現在は、個人情報を扱うシステムはオンプレミスに残し、アクセスが大きく変動する音楽配信のシステム等をAWSに配置するハイブリッドな構成にしています」(櫻堂氏)

photo
レーベルゲート
システム部2課
和田 誠司 氏
 クラウドを積極的に取り入れた先進的な取り組みを行った同社だが、システムのジョブ管理およびステータス監視には課題も抱えていた。システム部2課 和田誠司 氏は次のように語る。

「プログラム、バッチなどのジョブは、システムの根幹をなすもので、これがうまく回らないとシステムが回りません。ところが、弊社にはジョブを適切に管理するシステムがなかったため、運用の非効率が目立っていました。また、ステータス監視についても、システムはありましたが、障害によってはアラートが大量に出て切り分けが困難になるなど、問題を抱えていました」(和田氏)

 こうした問題から、ジョブ管理システムの新規導入とステータス監視システムのリプレースをすることになった。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

関連リンク

特集ページ

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!