開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社野村総合研究所提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/04/01

アステラス製薬事例:Senjuと歩む運用管理20年の歴史を振り返る

製薬業界大手のアステラス製薬。同社は、2005年に合併によって誕生する前からおよそ20年にわたって、野村総合研究所(以下、NRI)のSenju Operation Conductor(以下、Senju/OC)を活用し続けてきた。「ジョブの実行ツール、管理ツールは縁の下の力持ち。動かなければビジネスは立ち行かなくなる」と断言するのはアステラス製薬 コーポレートIT部 井上純一氏だ。井上氏が運用管理ツールに求めるものとは何か、同社のシステムの変遷と運用管理の歴史をひも解きながら、話を伺った。

ジョブの実行ツール、管理ツールは縁の下の力持ち

photo
アステラス製薬
コーポレートIT部
インフラグループ
課長代理
井上 純一 氏
 「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」を経営理念に掲げるアステラス製薬。世界を舞台に新しい挑戦を続け、最先端の医薬品を生み出し続けている。

 2005年に、1923年創業の山之内製薬と1894年創業の藤沢薬品が合併することで生まれた同社が、Windowsサーバベースのシステムを手がけたのは今からおよそ20年前にさかのぼる。当時、基幹系システムを順次Windows化していくのに従って、「ジョブ」の概念を取り入れなければならないケースが出てきて、そこから運用管理ツールとの付き合いが始まった。

 長年同社のシステムを支えている運用管理ツールの意義について、アステラス製薬 コーポレートIT部井上氏は次のように語る。

「ジョブの実行ツール、管理ツールというのは、言わば縁の下の力持ちです。そのため、ツールと言えばツールなのですが、本当にインフラに近いツールだと考えています。たとえば、これが明朝まで動かなかった場合、物流網からの製品の出庫は止まりますし、銀行への振り込みもできません。そうなればもう弊社だけの問題ではなく、取引先も含めての問題になりかねません」

 こうした同社のジョブ処理を長らく支えてきたのが、NRIのSenju/OC(導入当時の名称は千手)だ。

「最初にSenju/OCを導入した理由はいろいろありましたが、最初に使っていたから今も使い続けてきたというわけではありません。細かい見直しは除いて、5~10年に1度ぐらい、ハードウェアのリプレースのタイミングで見直しをかけています」

 アステラス製薬がSenju/OCを使い続けてきた理由は大きく2つあると井上氏は指摘する。1つめは、長い歴史の中で、一度も大きな事故がなかったこと。もう1つはジョブ階層の深さだ。同社の営業系サーバでは、7階層まで使っているが、他の管理ツールではそこまで対応していないものが多かった。

「実はSenju/OCも、新バージョンが登場したときに、敢えて実績のある前バージョンを導入してきた経緯があります。それは、たとえ一晩であろうとジョブ実行ツールを停止させるわけにはいかないからです。それぐらいミッションクリティカルな存在だと思っています」

 徹底して「止めない」ことを追求してきた運用管理ツール、そんなツールが必要とされてきたアステラス製薬のサーバ運用の歴史を、Senju/OCの導入変遷とともに時系列でひも解いていこう。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

関連リンク

特集ページ

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!