開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

セキュリティマネジメントカンファレンス 2021 夏 協賛各社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/09
 日本ハッカー協会代表が伝授「OSINT」の基礎、写真からここまでわかる!

近年、情報収集や情報分析の分野で「OSINT(オシント)」という手法が注目されている。これは「Open Source Intelligence」の略語で、一般的に公開されている情報を分析して、独自の情報を読み取る手法だ。もともと国家安全保障上の軍事・諜報活動で使われてきたが、近年はサイバー攻撃に対する防衛でも活用されている。大手企業や官公庁の情報漏えい事件の調査・コンサルティングを行っている日本ハッカー協会 代表理事の杉浦 隆幸氏に、OSINTの活用法と利用価値を解説してもらった。

分析する人によって情報の深さが変わるOSINT

 「OSINTは誰でも使える奥深い技術である」と日本ハッカー協会 代表理事の杉浦 隆幸氏は語る。OSINTの前段階の知識として、杉浦氏は「情報」の種類についてこう説明する。

「日本語の『情報』を英語で表現すると、『data』『information』『intelligence』の3種類があります。実際に存在する情報はdata、それが意味のある形になるとinformationになります。intelligenceは、informationを分析・補完したものです」(杉浦氏)

画像
「情報」の種類

 このintelligenceが情報分析の鍵になると杉浦氏は語る。

「dataの中から意味のある情報を見つけて分析・補完し、行動に移せる、もしくは判断の材料となる形にしたものがintelligence。『OSINT』もintelligenceの1つです。9割の情報はインターネットで公開されているものやテレビで放映されているものなので敷居は低いのですが、調べる人によって情報の価値に大きな差が出ます」(杉浦氏)

 さらに杉浦氏はこう続ける。

「OSINTは『どのように切り取るか』と『足りない部分をどう補完するか』がポイントになります。結果としての情報から原因を予測して『この原因があるから、この結果があるのだ』というところまでを調べることによって、情報の深さが変わるのです」(杉浦氏)

この記事の続き >>
・OSINTにおける分析、ポイントは3つ
・実践練習:この写真から読み取れる情報とは?
・情報を見極める力を養う、OSINTの利用価値

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!