開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • 日本HP、Red Hat Enterprise Linuxなどオープンソース関連ソリューションを強化

  • 2009/10/27

日本HP、Red Hat Enterprise Linuxなどオープンソース関連ソリューションを強化

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は27日、Linuxおよびオープンソースを利用したシステム向けのソリューション強化を発表した

 日本HPは新たにRed Hat社のエンタープライズ向けLinuxプラットフォームRed Hat Enterprise Linux(RHEL)および Red Hat Enterprise Linux Advanced Platform (RHEL AP)向けに大きく3つのソリューションを提供する。

 1つめは、RHEL APと日本HPのx86サーバの統合運用管理製品HP ICE-LXのバンドル製品。HP ICE-LXは、ハードウェアの自動検出や動作状況の監視機能、遠隔地からのサーバアクセス、制御、消費電力の測定を行う製品。オープンソースの統合監視ソフトウェアであるNagiosやHP Systems Insight Manager (HP SIM)に統合し、OSやファームウェアの配布、インストールやサーバの管理が可能になる。

 2つめは、RHEL APの一機能であるクラスタリングを用いた「Red Hat Cluster Suite(RHCS)」向けソリューション。RHCSを使って、信頼性の求められるシステム構築をサポートするためのサービスおよびミッションクリティカルサービスを提供する。24時間年中無休の保守サービスなども提供する。

 3つめは、Red Hat傘下のオープンソースソフトウェアJBossをもとにした「JBoss Enterprise Middleware」の販売。オープンソースのWebアプリケーションサーバであるJBoss Enterprise Application PlatformおよびJBoss Enterprise Web Server1.0を提供する。まずはRHELとの組み合わせによる販売となるという。

 UNIXからLinuxへの移行などを検討中のコスト削減志向の強い企業向けに提供していく。

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!