• 2024/02/19 掲載

テレワークブース、会社内にも=「個室」で集中、需要拡大

時事通信社

photo
  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。


個室型のテレワークブースの需要が伸びている。新型コロナウイルス禍でリモートワークなど多様な働き方が定着し、移動の隙間時間に駅や商業施設でブースを利用する人が増加。集中して働けるとして、オフィスでも導入が広がっている。

富士フイルムビジネスイノベーション(東京)が東京メトロ(同)と連携して、地下鉄駅構内などに設置している個室型ワークブース「ココデスク」。電源やモニターを備え、15分275円から利用できる。人流が回復し、昨年12月の稼働率は前年比2倍に伸長。両社は3月中旬までに、地下鉄構内の設置台数を昨年12月比約1.3倍となる72台に順次増やしていく計画だ。

固定席をなくすなど自由度の高い職場が増える中、集中したい時や外部との打ち合わせにブースを活用する事例も広がる。コクヨの可動式ブース「ワークポッド」の2022年の販売数は前年比1.7倍。最近は出社する人も増え、複数が入れるタイプも人気だ。5月には壁を一部取り払い、周囲と交流しやすいタイプも投入する。

日立製作所は、吸音効果のある樹脂を素材に採用した軽量型ワークブースを昨年末に販売。室内の静かさや、「設置した後でも利便性を考えて場所を変えやすいのが強み」(担当者)で、学生の就職活動や患者らの仕事スペースとして需要が見込まれる大学や病院もターゲットにしている。

【時事通信社】 〔写真説明〕富士フイルムビジネスイノベーションが展開する、個室型ワークブース「ココデスク」の使用イメージ(富士フイルムホールディングス提供) 〔写真説明〕富士フイルムビジネスイノベーションが東京メトロの駅構内などに設置する、個室型ワークブース「ココデスク」=19日、東京都中央区 〔写真説明〕コクヨが5月に発売する、半個室型の可動式ブース「ワークポッド

ハドル」(同社提供)

関連タグ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます