開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/12/02

金属労協、ベア3000円以上要求=賃金底上げ目指す―22年春闘

時事通信社

photo



自動車や電機メーカーなどの産業別労働組合で構成する金属労協が2022年春闘で基本給を底上げするベースアップ(ベア)要求基準を「月3000円以上」とする方針を固めたことが2日、分かった。定期昇給相当分を含めた総額で、4%程度の賃上げ要求を決めた連合と歩調を合わせ、賃金の底上げを目指す。

金属労協のベア要求は9年連続で、要求基準は21年と同じとなる。3日の協議委員会で正式に決める。金属労協の方針決定を受け、傘下の産別各労組はそれぞれの要求水準を固め、来年2月以降、労使交渉が本格化する。

【時事通信社】 〔写真説明〕21年春闘で労使交渉の回答状況をボードに書き込む金属労協の職員=3月17日、東京都中央区

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!