• 2022/10/06 掲載

銀行の資本バッファー規則、コロナでも早急な改革不要=バーゼル委

ロイター

記事をお気に入りリストに登録することができます。
[ロンドン 5日 ロイター] - バーゼル銀行監督委員会は5日公表した報告書で、銀行が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下でも資本バッファーに大幅に頼ることなく顧客への融資を継続できたことから、資本バッファールールを直ちに改革する必要はないとの見方を示した。

危機下における資本バッファーの「有用性」を分析したこの報告書によると、銀行は貸倒引当金に関する規則が厳しくなったにもかかわらず、融資を継続するためにこれらの準備金に手をつける必要がなかった。

バーゼル委は声明で、「流動性バッファーの活用を渋る銀行が融資や市場活動に影響を与えたという証拠は限られており、予想信用損失(ECL)枠組みの導入に関連したパンデミック下の融資へのプロシクリカル(景気増幅)効果の兆候はほとんど見られない」と指摘した。

バーゼル委は20カ国・地域(G20)などの銀行規制当局のグループで、いわゆるカウンターシクリカル資本バッファー(CCyB)も支持している。CCyBは世界的な金融危機の後に導入されたもので、市場が悪化した際に使えるように好況時に蓄えておく準備金だ。

バーゼル委は、内外の衝撃の影響を和らげるために、銀行がバッファーを慎重に積み上げ、利用することの重要性を強調。「コロナ危機下で一時的な資本要件の緩和が融資を支えたことは分かったが、CCyBの放出については証拠が弱く、CCyBの使用が限定されたことを反映しているかもしれない」と指摘した。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます