株式会社日立ソリューションズ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/08/28 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
データサイエンティストがまるで足りておらず、「21世紀の石油」とも呼ばれるデータの分析・活用で欧米諸国に大きく後れをとる日本。そうした中、2023年4月に一橋大学がソーシャル・データサイエンス学部・研究科を新設し、大きな話題を呼んでいる。今回は、約70年ぶりに学部新設に至った背景や一橋大学が目指す「ゼネラリスト」の養成について、一橋大学ソーシャル・データサイエンス学部・研究科で学部長・研究科長・教授を務める渡部敏明氏に話を聞いた。

データ社会で高まるデータサイエンティストの育成ニーズ

 ビッグデータの活用が進み、大量のデータが入手可能となった現代社会において、データサイエンスの重要性が高まっている。データサイエンスとは、統計学・機械学習・プログラミングなどの理論を用いてデータの分析や解析を行い、考察を導き出す学問のことだ。

 データサイエンスが注目されると同時に、データサイエンティストの育成ニーズも高まっている。2023年4月には、一橋大学でソーシャル・データサイエンス学部・研究科が新設され、大きな注目を集めた。一橋大学で学部が新設されるのは約70年ぶりであり、まさに歴史的な出来事と言える。

 一橋大学は、森有礼が私設した商法講習所を起源とする、社会科学の総合大学である。商学部・経済学部・法学部・社会学部から成り、既存の4学部でもデータサイエンスについての学びを提供している。

 一方、今回新設されたソーシャル・データサイエンス学部・研究科の特徴は、社会科学とデータサイエンスを融合させることで、ビジネスや社会の課題を見つけ分析する能力を身につけさせる点である。データサイエンスだけでなく、社会科学も学ぶのだ。

 それでは、社会科学とデータサイエンスをともに学ぶ必要性はどこにあるのか。一橋大学がソーシャル・データサイエンス学部・研究科を新設した背景と併せて、学部が目指す「ソーシャル・データサイエンス」のゼネラリストの養成について渡部氏が解説する。

この記事の続き >>
・約70年ぶりの学部新設…その背景にあるものとは
・「融合」がもたらすビジネスの革新と社会課題の解決
・一橋大学が目指す「ゼネラリスト」の養成とは

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます