株式会社日立ソリューションズ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/09/12 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
2010年頃から始まった第3次AIブームでは、さまざまな企業がAIを活用したビジネスを模索したものの、ビジネスに至った事例は決して多くない。そのような中、データサイエンティストがAI技術を用いて新たなサービスを提供し始めた企業が塩野義製薬である。同社のDX推進本部 データサイエンス部 サブグループ長 木口 亮 氏にサービスを事例とともに、データサイエンティストがビジネスを創るうえでのポイントを聞く。

新たにヘルスケアサービスを提供する塩野義製薬

 創業から145年の歴史ある塩野義製薬。中期経営計画では「新たなプラットフォームでヘルスケアの未来を作り出す」をビジョンとし、医薬品の提供にとどまらず、顧客ニーズに応じたさまざまなヘルスケアサービスを提供する「ヘルスケアサービスとしての価値提供(Healthcare as a Service:HaaS)」を宣言している。

「創薬型製薬企業として医療用医薬品をご提供していましたが、新たにヘルスケアサービスをご提供し、社会課題の解決や、病気で悩まれている方々のサポートを目指します」(木口氏)

 木口氏が所属するデータサイエンス部が取り扱うデータは、社内のデータはもちろん、オープンソースのデータや商用データベースなどの社外のデータもある。これらを活用し、新たなビジネスを創出するための活動を行っている。

 たとえば、研究・開発・生産などのほかに、MR活動、流通・販売、副作用データなどの薬に関わるデータを扱う。また、人材の育成、従業員エンゲージメントなどにおける課題解決のために、データドリブンでサポートする。

「一般的な製薬会社のデータサイエンティスト業務よりも、幅広い業務を行っているかもしれません」(木口氏)

 企業が持続的な成長を遂げるためにはDXが欠かせない今、データサイエンティストの役割や育成に課題を感じている企業は多いはずだ。ここからは、データサイエンティストが創るビジネスの詳細について、木口氏に話を聞いた。

この記事の続き >>

  • ・ビジネスを創るデータサイエンティストとは
    ・データサイエンティストが開発した「人工知能解析プログラマ」
    ・データサイエンスビジネスで重要なもの

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます