株式会社セールスフォース・ジャパン 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/19 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
激変する経営環境の中、CRMデータや店舗内顧客行動データなど、多種多様なビジネスデータをどう活用するかが、将来の明暗を分けるといっても過言ではないだろう。丸亀製麺では、「KANDO(感動)ドリブンマーケティング」を中心に外食企業から感動創造企業へと進化すべく、データ活用に取り組んでいる。丸亀製麺が取り組む“勝ち続ける”ためのマーケティングの秘訣はどこにあるのだろうか。

価値の源泉“感動”をつくり出す「KANDOドリブンマーケティング」

 丸亀製麺は、かねてから独自の戦略とマーケティング手法で、業界内外の注目を集めてきた。中でもうどんを店の中で手づくりする「店内製麺」は、うどんのおいしさに加え、顧客の五感を刺激するライブ感が、ブランドイメージ訴求の礎となっている。

 マーケティング本部 コミュニケーション&CXデザイン部 間部徹氏は、同社のマーケティングのキーワードとして「感動(KANDO)」「トレードオン」「感性とデータの両立」を挙げる。

「価値の源泉である『感動』をつくり出すために、トレードオフではなく、常識を越えた『トレードオン』を信じて非合理を追求すること。また再現性のない感性のみに頼らず、データをかけ合わせること。これらが、当社の『KANDO(感動)ドリブンマーケティング』の軸となる考え方です」(間部氏)

 現在、同社では、ベースのブランド力を右肩あがりに高めていくのに加えて、1.5カ月ごとに「焼きたて牛すき釜玉うどん」「鴨ねぎうどん」といったフェア商品(期間限定商品)を発売し、顧客の「食べたくなる衝動」の山をつくることで、持続的な成長を実現している。「ハイブリッド戦術」と呼ばれるこの戦略では、顧客の感動を呼ぶ商品をつくる感性に加え、現状把握や分析のための統計分析手法であるMMM(Marketing Mix Modeling)などを駆使しているという。

 感性とデータサイエンスを両立して感動をつくり出し、短期的な成果を上げつつブランドを持続的に成長させる。なぜ丸亀製麺は強いのか、“勝ち続ける”ためのマーケティングの秘訣を詳しく見ていこう。

この記事の続き >>

  • ・丸亀製麺が挑む「勝ち続ける」ためのデータ活用
    ・マーケティングモデルを支える“4つ”の分析手法
    ・データ分析者に求められる「熱さ」とは?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます