イベント・セミナー 検索

検索条件

キーワード ジャンル タグ 種別 地域 開催日時 2023年 06月 04日 ステータス 申込受付中 表示順 開催日順

297

並び替え

表示件数

【概要】 チャットGPTの登場以降、生成AIは世界を変えつつあり、金融分野も例外ではありません。本セミナーでは、欧米の金融機関が生成AIにどのように対応しているのかについて具体的に解説いたします。このほか、量子コンピュータ、モバイルアプリその他のイノベーションの最新同行をデモを交えてお伝えいたします。通常米国在住の講師が来日しての講演予定となります。 ~昨年受講したお客様の声~ 実際に具体的なアプリのデモを使った講義だったため、UIを含めて非常にわかりやすかったです。 【本セミナーで得られること】 ・生成AIに関する基礎的な知識と理解 ・米国金融機関におけるAI活用 ・その他の金融イノベーションに関する最新動向 【推奨対象】 金融機関のデジタル部門、IT部門・DX部門、AI責任者・実務担当者、金融機関を対象とするIT企業やコンサル企業 【セミナー詳細】 1.生成AIとは (1)生成AIの特徴 (2)生成AIの課題 (3)生成AIの課題に対する最新動向と取り組み事例 2.金融機関における生成AIの利用 (1)内部での利用 (2)顧客向けの利用 (3)AI倫理・規制・組織態勢等 3.その他のイノベーション (1)量子コンピュータの動向 (2)モバイル等のデジタルバンキング (3)ブロックチェーン・CBDC等の動向 4.金融イノベーション関連イベント情報 (1)Money20/20 (2)Finovate (3)その他 5.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/03/21(木)13時~2024/03/28(木)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 マネッジ・オンライン 代表取締役/ 3DBiz研究会 代表幹事 大久保 洋(おおくぼ ひろし) 氏 フリージャーナリスト/映像新聞 記者/ 月刊サイン&ディスプレイ記者/大型映像年鑑 編集主幹 川田 宏之(かわた ひろゆき) 氏 江口靖二事務所 代表社員/ 一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム 常務理事 江口 靖二(えぐち やすじ) 氏 【重点講義内容】 世界最大の大型LEDビジョン関連の展示会、ISLE2024(International Smart Display & Intergated System Exhibition,Shenzhen)が2月29日から3月2日に中国深センで開催される。世界の大型LEDビジョンの80%以上を生産している深センでの開催であり、市場をリードする中国メーカー中心に300社以上の大型LEDビジョンメーカーが展示を行い、およそ20万人が参加する。 本講演では大型LEDビジョンの最新情報を、技術とビジネス、さらにコンテンツ面からもレポートし、これを活用したデジタルサイネージ、バーチャルプロダクションによる映像制作や、XRがもたらすイノベーションについての考察を行い、今後の大型LEDビジョンがもたらす市場成長性について展望する。 <1>大型LEDビジョンの展示会ISLE2024の紹介とLEDディスプレイ市場動向 大久保 洋 氏【10:00~10:25】 ISLE2024の全体説明と現地視察をもとに、最新の大型LEDディスプレイ情報と最近のLEDディスプレイのトレンドを紹介する。 <2>ISLE2024にみる主要大型LEDビジョンメーカーの最新動向 川田 宏之 氏【10:25~10:50】 大型LEDビジョンの生産拠点である深センのLEDメーカーの工場等も多数取材し、市場に精通しているフリージャーナリストの川田宏之氏が、2018年、2019年、2023年に続いて4回目のISLE2024の現地取材を敢行する。本講演では日本市場に進出している主要な中国メーカー各社の展示内容を中心に、それぞれの導入事例や主要製品、得意分野などを分析し、今後の市場へのインパクトとなる情報をいち早くリポートする。 <3>LEDビジョンとXRがリアルとバーチャルを溶かす映像イノベーション 江口 靖二 氏【10:50~11:05】 XRはVR、AR、MRの総称である。これらが今後どのように発展していくかは未知数ではあが、モーションキャプチャ、ボリュメトリックキャプチャ、インカメラVFXといった最新映像技術は、生成AI技術をその背景にして、リアルとバーチャルの境界線を超えていくだろう。これは「リアルとバーチャルを溶かす」という考え方であり、デジタルサイネージに限らず、これからの映像コンテンツにおいて重要な考え方になっていくだろう。特にデジタルサイネージは元々リアルな場所を対象としているがゆえに、その恩恵を最も多く享受できる。 本講演では、XR(クロスリアリティ)で「リアルとバーチャルが溶けていく」という映像コンテンツの変化を示し、その「溶かし方のヒント」を過去の事例を元にして具体的に解説する。 <4>パネルディスカッション 大久保 洋 氏/川田 宏之 氏/江口 靖二 氏【11:05~11:30】 最新技術のイノベーション、具体的な導入事例、この先のコンテンツの変化というそれぞれの視点から、さらに拡大していくであろう市場の展望を3人でディスカッションする。 <5>質疑応答/名刺交換

人的資本開示、DX推進、男性の育児休暇取得推進、リスキリング… 企業を取り巻くビジネス環境の変化に合わせ、 企業の経営戦略や方針も変化対応が求められています。 もちろん、そこに関連する“教育”も変化させていく必要があるでしょう。 自社の変化に合わせ教育体系を見直しされていますか? また貴社の今の教育体系は、貴社にとって“最適”でしょうか? 新しい年度を迎える企業さまも多いかと存じます。 今一度、立ち止まって教育体系を見直ししてみませんか? 本セミナーでは、社員教育を見直すチェックリストをもとに、 教育体系の現状診断ができるよう、構築プロセスを解説します。 「しばらく教育体系の見直し・更新をしていないかも…」 「今の教育体系を見直したいが、何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みをお持ちの経営者、人事・教育のご担当者の方は、ぜひご参加ください。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1. 今を取り巻く教育の現状 2. 社員教育を見直すチェックリスト 3. まとめ *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

お客様満足度の向上や、コールセンターやサポートデスクの負荷軽減・業務効率化のために、FAQ(Frequently Asked Question: 良く聞かれる質問)の作成・整備にしっかりと取り組みたいというお客様の声はよく聞かれます。 FAQを公開することによって、消費者向けのサポート、法人向けのサポート、人事・総務・ITなどの社内ヘルプデスクといった様々な場面で、お客様の自己解決を促すことが可能になり、解決までの時間短縮によるお客様満足の向上や、問合せ数の削減を期待することができます。また、お客様への回答のために、コールセンターやサポートデスク内で内部FAQを活用することも多くなっているようです。 一方で、FAQを作成するのには時間・手間がかかる、一度作成したFAQの鮮度維持には更に時間・手間がかかるといった作成側の課題や、せっかく作ったFAQが活用されないという運用上の課題も聞こえてきます。これらの課題を解決するために、既存マニュアルの活用やFAQの改善を業務に組み込むといったナレッジマネジメントからのアプローチによるFAQ作成・活性化を我々はおすすめしています。 本セミナーでは、誰でも簡単に必要な情報が「使える」「見つかる」FAQの構築・アップデート方法についてご紹介いたします。FAQ作成のための文章技術や、タグを用いた分類・活用といった基本的な取り組み方法とともに、アクセラテクノロジの提供するカスタマーサポートツールSolutionDeskを用いたFAQ運用のヒントをお伝えします。 <開催概要> 開催日:2024年3月19日(火) 11:00-12:00 開催形式:Web開催(Zoom) 主催:アクセラテクノロジ 参加費:無料 問合せ:アクセラテクノロジ セミナー事務局 marketing@accelatech.com

本セミナーは、ビジネスの現場でよく必要とされるROI分析を題材に、データ分析基盤の構築?ダッシュボードの作成までを、下記5つのステップに沿ってデモも交えながら具体的にご説明します。 STEP 1 ゴールイメージの設定 STEP 2 データソースの洗い出し STEP 3 データの収集(データレイク構築) ※デモ有 STEP 4 データの加工(データウェアハウス構築) ※デモ有 STEP 5 データの可視化(データマート作成、BIツール接続) ※デモ有 応用可能な基本の5ステップのため、顧客分析データや店舗別売上管理データなどを可視化する際にも参考にしていただけます。 こんな方におすすめ ・データ分析基盤の作るに当たって具体的なHOWを知りたい方 ・データ分析基盤の構築?ダッシュボード作成までの流れを知りたい方 ・データレイク・DWH・データマートの基礎知識をお持ちの方  ※基礎知識については、ゼロからわかるデータ分析基盤?入門編?で詳しく取り上げております。 ※troccoについては 3つのコア機能をおさえるtrocco入門セミナーで詳しく解説しています。 このセミナーでわかること ・データ分析基盤を構築するのに何から始めれば良いか ・データ分析基盤の構築?ダッシュボード作成までの進め方 ・ユースケース別の可視化例

セミナーの特徴 組織の情報システム部門の方へ、最近のサイバーセキュリティの課題となっている、シャドウIT対策と、内部犯行による情報漏洩対策をCATO SASEのデモを通じて防御する方法を紹介する 近年、企業や組織はますます高度化されたサイバー攻撃と情報漏洩の脅威にさらされています。組織の大小に限らず、セキュリティインシデントが日常茶飯事となり、機密データの保護は喫緊の課題となっています。このセミナーでは、実際のCATO SASEの管理画面デモを通じて、内部犯行による情報漏洩対策とサイバーセキュリティの最新のトレンド、ベストプラクティス、そしてCATO SASEの将来の展望についてご説明致します。 \CATO SASEとは/ 2015年にイスラエルでスタートした、ネットワークセキュリティとSD-WANをオールイン・ワンでクラウド内で統合し、フルメッシュのグローバルバックボーンで結んだクラウドプラットフォームです。ガートナーが提唱するSASEのサンプルベンダーとして選ばれています。 \メリット/ グローバル拠点のセキュリティ対策を統一して強化、ネットワークの状態もリアルタイムで一元管理ができ、情シスの内製化に効果的です。 また各拠点のネットワーク機器の撤廃、Cato Networksの持つ、フルメッシュのプライベートバックボーンにより、国際回線コストを削減することができます。 さらに従来のアプライアンスなどの機器の脆弱性対策から情報システム部門のご担当者を解放し、運用を楽にします。

【概要】 以前から世界では気候変動、技術進化による破壊的変化、人口動態の変化、世界の分断化、社会の不安定化などのメガトレンドが存在していましたが、COVID-19やウクライナ侵攻などによりこれらの変化は国内外で加速しています。 混沌とした世情を把握し、小さな変化に目を光らせ、変化と対応が求められる事業環境の中、国内リース市場は中長期的に縮小することが見込まれています。それゆえ、リース会社は成長するために、国内市場においては安定的に収益を獲得し、海外進出やリース以外の収益を獲得するために投資を行うことが求められています。 本セミナーでは、世界の潮流とリース業界に関する基礎的な知識を改めて振り返るとともに理解を深め、リース会社が中長期的に取り組むべき方向性について言及します。 【本セミナーで得られること】 ・リース業界に関する基礎的な知識 ・リース業界における中長期的なアジェンダ ・大手リース会社の経営戦略 ・今後リース業界が求められる選択肢 【推奨対象】 リース会社、銀行、商社の経営管理部門・財務部門・法務審査部門・監査部門の担当者等、リース会社向けの投融資関係者、システム会社 【セミナー詳細】 1.メガトレンド (1)気候変動 (2)テクノロジーによるディスラプション (3)人口動態の変化 (4)世界の分断化 (5)社会の不安定化 2.市場環境 (1)リース取扱高・設備投資 (2)地域・アセット別リース取扱高 (3)貸出約定金利とリース料率 3.業界動向 (1)日系リース会社の特徴 (2)日系リース会社の事業ポートフォリオ (3)日系大手リース会社の動向 (4)日系メーカー系ファイナンス会社の動向 (5)日系非金融系グループにおけるリース会社の動向 4.日系大手リース会社の経営戦略 (1)戦略の方向性と注力分野 (2)収益性指標の変化 (3)営業資産の変化 (4)格付けとD/Eレシオ(負債資本倍率) (5)リース会社のKey Success Factor(重要成功要因) 5.リース会社における今後の方向性 (1)リース会社の3つのオプション (2)徹底的な効率化・リース会社のDX (3)エッジで尖るコンサルティング (4)事業ポートフォリオの拡充 (5)新規事業の進め方 6.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/03/21(木)13時~2024/03/28(木)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

Google社は2023年10月、迷惑メール対策を目的とした新たな「メール送信者のガイドライン」を発表しました。これは2024年2月以降、Gmail アカウント※に1日あたり5,000件以上のマーケティング目的のメールを送信する送信者に対して複数の要件が求められるもので、このガイドラインに沿った対応を行わないと、Gmail宛のメールが拒否されたり迷惑メールとして分類されてしまったりする可能性があります。 ※ドメインがgmail.com またはgooglemail.comとなる個人のGoogleアカウント (参考)メール送信者のガイドライン:https://support.google.com/a/answer/81126 同ガイドラインには、「メール配信システム会社に対応を依頼できる事項」だけではなく、どのメール配信システムを使う場合でも「送信者による対応が必要な事項」もあり、多くの企業が対応におわれています。 メール配信機能を搭載するコミュニケーションシステム「WEBCAS」を提供する当社にも、 「送信者側では具体的に何をすればよいのか」 「WEBCASはどんな対応をしているのか」 「他社のメール配信システムを使っているがガイドラインに対応していないため困っている」 「Gmailのガイドライン対応を加味してメール配信システムを導入する場合の選定ポイントを教えてほしい」 など、同ガイドラインへの対応に関して、この数か月で多くのご相談が寄せられています。 そこで本セミナーでは、「Gmail メール送信者ガイドライン」の内容や、今からでも間に合う「備えるべきこと」を丁寧に解説。今の知識だけでは不安がある、まだ対応が追い付いていない、などのお悩みを解決します。 ※「WEBCAS」シリーズのユーザー様には、本セミナーに参加することなく担当より別途詳細なご案内が可能です。お気軽にお問い合わせください。 ★こんな方におすすめです Gmailガイドライン変更について、内容をしっかり理解したい メール配信業務を管理・担当しており、Gmailガイドライン対応に不安がある Gmailガイドライン変更をふまえて、メール配信のシステム導入や移行を検討している

既存の価値観やビジネスモデルが通用しなくなったと言われる現代。環境変化に合わせて柔軟に素早く的確に対応する能力、いわゆる「アジリティ」が企業や組織の生き残りの鍵と言えるでしょう。本セミナーシリーズではアジリティをテーマに、近年のデジタル技術変化と具体的な活用方法、ビジネス展開事例をご紹介します。 当セミナーではクラウド活用の推進組織「CCoE(Cloud Center of Excellence)」について解説します。 今やクラウドサービスはビジネスITにおいても不可欠な存在となりました。今後、課題となるのがガバナンスです。エンタープライズ規模ではアーキテクチャの標準化、セキュリティの確保、運用コストの最適化といった観点が欠かせません。これらの要素を個別のプロジェクトで一つひとつ検討することは困難です。全社視点でクラウドの活用とガバナンスを推進する組織が必要です。それがCCoEです。当セミナーでは、アジリティを損なうことなくCCoEを立ち上げ、活動を軌道に乗せるためのポイントを解説します。クラウドの活用にご関心を持つIT企画マネジャーやセキュリティご担当者の方、ぜひご参加ください。

電子帳簿保存法やインボイス制度の対応に伴い、以下のようなお困りごとはございませんか? ・電子取引の保存要件を満たすための社内運用が大変 ・インボイスの登録番号を1つずつ確認する作業が大変 ・法制度要件を満たせてはいるが、対応による業務負担や残業時間が増えた など 上記のようなお悩みに対し、本セミナーでは辻・本郷ITコンサルティングの菊池氏をお招きし、法制度開始後に発生しているよくある現場課題とそれらの解決策について、専門家視点で解説いただきます。 後半ではラクスより、法制度対応に役立つサービス「楽楽シリーズ」についてご案内。法制度対応だけでなく業務効率化を同時に実現するツールをご紹介いたします。 また、セミナー最後には皆様から事前に頂戴しましたご質問へ回答する「QAコーナー(※)」もご用意しております! 現状の法制度対応における実務でお悩みの皆さま、ぜひお申込みくださいませ。 ※QAコーナーに関する補足 ご質問事項は登録時の「セミナーで聞きたいこと」にご記入ください。 また、事前に頂戴しました質問に全てお答えできない場合がございます。あらかじめご了承ください。 なおセミナーアンケートの回答特典として、セミナー中に実施したQAコーナーをまとめた冊子のプレゼントを予定しております!


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました