開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

セキュリティマネジメントカンファレンス 2021 2Days 協賛各社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/17
 サイバー攻撃の変遷、あの頃どう対策してた?「WinMX時代の情報漏えい」「WannaCry」

情報漏えいや不正アクセス、コンピューターウイルスの感染など、サイバーセキュリティに関係した事件は増え続けている。こうした脅威に正しく備えるためには、敵の攻撃手段だけでなくこれまでの対策手段の変遷を理解しておくことが重要だ。過去のセキュリティインシデントの事例を踏まえて、未来のセキュリティ脅威にどう対策すべきか、東京電機大学未来科学部情報メディア学科教授の寺田真敏氏に話を聞いた。

マクロ・ミクロ視点で脅威を捉えることが重要なワケ

 サイバーセキュリティの有効な対策を考えていく上で、サイバーセキュリティをマクロの視点とミクロの視点で考察することが必要だと東京電機大学未来科学部情報メディア学科教授の寺田真敏氏は語る。

 マクロの視点とは「全体像を認識すること、つまり攻撃のトレンドが変わる潮目を捉えること」であり、ミクロの視点とは「現状、具体的にどのような方法でサイバー攻撃が行われているかを把握すること」である。このように、サイバー攻撃をマクロ・ミクロの視点に基づき整理することで、脅威を正しく捉え適切な対策を導くことができるという。

画像
影響の大きなインシデントが発生すると対策アプローチに変化

 上図は、過去数年間のインシデントのトレンドの変化と、それに対してどのような対応がなされてきたかをまとめたものだ。これを見ると、それぞれの時代で狙われる脆弱性が変化してきたこと、それに応じて対策も変化してきたことが分かるだろう。

 東京電機大学 未来科学部 情報メディア学科教授の寺田真敏氏は、「このように過去のセキュリティのトレンドを理解することが、今起きているインシデントに対する対応を考える上で、大変重要になります」と語る。ここからは、上図とともにこれまでのインシデントの歴史を振り返りながら、現代のサイバーセキュリティ対策に必要な考え方を解説していきたい。

この記事の続き >>
・サイバー攻撃の変遷、「WinMX時代の情報漏えい」にどう対策してたか?
・サイバー攻撃の変遷、「標的型攻撃」「WannaCry」にどう対策してたか?
・コロナ禍の対策と課題、これからのセキュリティ対策の在り方とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!