• トップページ
  • JFEシステムズ、PDF対応の新型電子帳票システム「FileVolante」販売

  • 2006/11/13 掲載

JFEシステムズ、PDF対応の新型電子帳票システム「FileVolante」販売

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
JFEシステムズは、ウイングアークテクノロジーズの帳票設計ツール「Super Visual Formade(以下、SVF)」から出力されるPDF形式の帳票データをシームレスに取り込める電子帳票システム「FileVolante」を販売する。

 帳票に対する企業ニーズとして「個人情報保護法施行に合わせて、法定帳簿を厳密に管理したい」「必要としている部門へ迅速かつ確実に配布したい」など、といった声が挙がっている。また、2009年適用が見込まれている日本版SOX法を見据え、内部統制強化および財務報告の信頼性確保のため、帳票の適正な管理が求められている。

 さらに、レガシーシステムのオープン化の流れは、企業同士の統合や事業構造の変化に対応できるシステム基盤づくりや、国際化・標準化への指向、最近のシステム技術を取り込んだITコストの削減といった側面で市場の大きなトレンドになっている。このような流れの中、帳票プリンティング環境のあり方も大きな課題となっている。

 こういった課題に応えるため、JFEシステムズはウイングアークテクノロジーズと技術提携し、データインターフェースとして汎用性の高いPDF形式に対応した電子帳票システム「FileVolante」を11月より販売する。「FileVolante」は、従来の基幹システムとの連携実績が豊富な電子帳票システム「FiBridgeII」で培ったノウハウをベースに開発し、ウイングアークテクノロジーズの帳票設計ツールSVFから出力されるPDF形式の帳票を、プログラム開発の手間なく自動的に変換保存することができる。
 これにより、旧来のシステム環境をオープンシステムに移行する場合においても、帳票出力・保存のシステム基盤が容易に再構築できる。さらに帳票データへのアクセス・ログ管理の充実化等、セキュリティ強化も図れるため、帳票の内部統制力も大きく向上する。なお、稼働環境につきましては、SVFとの親和性やオープン化に幅広く対応できるよう、サーバ部分はJava技術を活用している。

 「FileVolante」の販売価格は、1セットで560万円から。来年度までに3億円の売上を目指しているという。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます