• 2009/01/06 掲載

山武、CO2マネジメントシステムをSaaS/ASPで提供、省エネ法改正需要を見込む

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ビルディングオートメーション(BA)事業などを手がける山武は5日、事業者全体の温室効果ガス総量把握・管理を支援するインターネットSaaS/ASPサービス「CO2マネジメントシステム」を開発し、本年4月より販売を開始すると発表した。
 ビルディングオートメーション(BA)事業などを手がける山武は5日、事業者全体の温室効果ガス総量把握・管理を支援するインターネットSaaS/ASPサービス「CO2マネジメントシステム」を開発し、本年4月より販売を開始すると発表した。

 4月からエネルギーの使用合理化に関する法律(省エネ法)が改正され、従来の建物単位から、事業者単位(企業・自治体)のエネルギー管理義務化へ変更され、各事業者における具体的な環境目標としてエネルギーやCO2などの削減が求められることを後押しする。

 今回開始する「CO2マネジメントシステム」では、インターネット上でデータの入力を行い、事業者としてのCO2の総量把握、環境管理組織体系に基づく集計などを行う。使用エネルギー量やCO2排出量の大きい系統などの抽出や、対象事業所のエネルギーなどの参考データをWebで確認できる。さらに山武のBAシステムに接続することで、より詳細なデータを取得できるほか、他社BAシステムを導入している場合でも専用端末導入で対応できるという。

 販売価格は1~10事業所の場合で、30万円/年から(初期導入費用別途)。

 山武では、本サービスで3年後、5億円の売り上げを見込むほか、本サービスをきっかけに関連製品・サービス商品を含めて100億円の売上増を見込む。

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます