開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/09/10

コクヨ、人の手作業なしで請求書などを取引先に届けることができるサービスを提供開始

コクヨ

photo

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)と、エイセル株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:滝沢 次郎)は、新型コロナウイルス感染拡大防止を促進するテレワーク支援として、人の手作業が一切なしで請求書や注文書を全自動で取引先に届けることができる「Ace connector for @Tovas」の提供を2020年9月10日(木)より開始します。

■「Ace connector for @Tovas」とは

請求書や注文書などの社外向け帳票を配信するコクヨのクラウドサービス「@Tovas」は帳票PDFをクラウドにアップロードするだけで予め設定した取引先に「WEB」「FAX」「郵送」の手段で届けることができるコクヨのサービスです。この配信のフローの中には「アップロードする」という人の手作業が一部存在します。そこで今回提供が開始される「Ace connector for @Tovas」を導入することで基幹システムの取引先情報(企業名や帳票の金額内容、送る手段等)から生成された帳票PDFが自動で@Tovasクラウドにアップロードされます。これによって人の手作業が一切なしで、宛先間違いなどの誤送信リスクのない状況で帳票が取引先に届けることができます。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、テレワーク対応など働き方は大きな変革期を迎えています。出社しなくても働ける環境の中で、より作業効率を高め、コロナ前よりも生産性を上げていく、そんな前向きな環境を生み出したいという想いで今回のサービス連携は誕生しました。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!