開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/09/28

ウェザーニューズ、「天気予報API」を「MONETマーケットプレイス」にて提供開始  

ウェザーニューズ

photo

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ)が提供する、企業や自治体のMaaS(Mobility as a Service)の実現を支援する「MONET プラットフォーム」の機能である「MONET マーケットプレイス」において、MaaS開発に活用可能な1kmメッシュ/1時間ごとのピンポイント天気予報と過去の観測値データを取得することができる「天気予報 API」の提供を開始しました。

「MONET マーケットプレイス」URL: https://developer.monet-technologies.co.jp/

◆MaaS開発に活用可能な「天気予報 API」を「MONET マーケットプレイス」にて提供開始

「MONET マーケットプレイス」は、企業や自治体が天気・観光・地図情報などのさまざまなデータやシステムのAPIを購入して、新たなサービスの開発に活用できるマーケットプレイスです。ウェザーニューズは、9月28日の正式オープンに合わせて、「MONET マーケットプレイス」のAPIラインナップの一つとして「天気予報 API」の提供を開始しました。

天気は、交通における安全運行や定時運行において非常に重要な要素であり、同時に、人の行動や意思決定に大きく影響をします。さらに、人やモノの移動をクラウド化し、最適化するMaaSにおいては、より詳細で正確な気象情報が必要不可欠です。ウェザーニューズの「天気予報 API」では、全国13,000地点にも及ぶ日本最大の気象観測網と、ユーザーから寄せられる天気報告を活用した1kmメッシュのピンポイント天気予報を提供します。メッシュを細かくすることで、局地的な気象現象の表現ができるようになるため、より正確な天気予報が可能になります。例えば、5kmメッシュの天気予報では「晴れ」のエリアでも、1kmメッシュの天気予報では「晴れ」「曇り」「雨」のエリアが含まれていることがあります。「MONET マーケットプレイス」で提供する「天気予報 API」の利用により、生活に最も身近な天気の情報を、新たなモビリティーサービスの開発にご活用いただけます。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!