開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/11/27

東証、システム障害で社内処分へ=清田JPXCEOが30日会見

時事通信社



日本取引所グループ(JPX)は27日、清田瞭最高経営責任者(CEO)が30日午後に記者会見を開くと発表した。傘下の東京証券取引所のシステム障害で株式売買が終日停止した問題をめぐり、金融庁は業務改善命令を出す方針を固めており、東証側は幹部を含めた社内処分を実施。清田氏が会見し、詳細な理由などを説明する。

システム障害は10月1日に発生。機器が故障し、代替機への自動切り替えもできなかった。その後の調査で、切り替えの設定とマニュアルに不備があり、この状態が5年間放置されていたことが判明した。また、システムの再起動で取引は開始できたが、既に受け付けていた注文を失効すれば混乱が生じる恐れがあるとして、1999年に取引を全自動化して以降、初めて売買を終日停止した。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!