開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/01/27

和歌山で50年ぶり豚熱=300頭殺処分へ

時事通信社



和歌山県は26日、かつらぎ町の養豚場で家畜伝染病「豚熱(CSF)」が発生したと発表した。県は飼育する豚約300頭を殺処分する。県内の養豚場での発生は1971年以来、50年ぶりという。

県によると、24日午後、養豚場から県に子豚1頭が衰弱しているとの連絡があり、複数の子豚の遺伝子を検査したところ、陽性が確認された。県内の養豚はワクチンを接種済みで、豚の移動や搬出について制限しない。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!