開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/03/03

米航空業界「なお苦境」、第3弾の政府支援必要=業界団体

ロイター

photo

[ワシントン 2日 ロイター] - 米主要航空会社を代表する業界団体エアラインズ・フォー・アメリカ(A4A)は2日、「航空業界がなお苦境に立たされている」とし、連邦政府支援の第3弾が必要と強調した。

A4Aを率いるニック・カリオ氏は下院運輸・インフラ委員会の航空小委員会で証言し、新たな支援が実施されなければ、航空業界で数万人が「4月1日までに失業もしくは減給に直面する」と訴えた。

米議会は2020年3月以降、2回の航空会社向け給与支援策を含め、航空業界に約900億ドルの支援を行っている。先週に下院を通過した1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加経済対策案には140億ドルの給与支援策延長が含まれている。

米運輸省によると、米国の航空会社の旅客数は昨年60.1%減少し、1984年以降で最少となった。

カリオ氏は、米航空大手9社の20年の税引前損失が460億ドルになったことに言及し、「1日当たり1億5000万ドル」のキャッシュバーンが続いていると指摘した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!