開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/06/12

G7、1000億ドルのSDR再配分検討 脆弱国に=ホワイトハウス

ロイター

[カービスベイ(英イングランド) 11日 ロイター] - 主要7カ国(G7)は、新型コロナウイルス危機への対応に最も苦戦している国を支援するために、国際通貨基金(IMF)の準備資産である特別引出権(SDR)を通じて1000億ドルを再配分することを検討している。米ホワイトハウスが発表した。

ホワイトハウスは「米国およびG7加盟国は、最も必要としている国に配分するSDRの影響を倍増させる世界的な取り組みを積極的に検討している」と指摘。最大で1000億ドル規模になる可能性があるとし、「脆弱な国のワクチン接種を含む公衆衛生上のニーズと環境に優しく堅固な経済回復を支援し、よりバランスの取れた持続的かつ包括的な世界経済の回復を促進する」とした。

米国はSDRの配分について「晩夏」ごろを目標としている。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!