開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/09/18

ECB物価予測、一部当局者は過度に悲観的と指摘=アイルランド中銀総裁

ロイター

[ダブリン 17日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのマクルーフ・アイルランド中銀総裁は17日、一部の政策担当者はECBのインフレ見通しは過度に悲観的との見方を示していると述べた。

マクルーフ総裁はオンライン形式で実施した記者会見で、物価圧力の持続性を巡る「かなりの不確実性」があるものの、現在の物価上昇は一時的なものとの見方を示し、ユーロ圏の過度な物価上昇に対する懸念は、現時点で過大評価されていると述べた。

欧州連合(EU)統計局がこの日に発表した8月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値は前年同月比3.0%上昇と、2011年11月以来、約10年ぶりの高い伸びを記録した。ECBは物価上昇は一時的との見解を示しているが、インフレ率予測を繰り返し上方修正している。

ECBは9日の理事会で新型コロナ対応の債券買い入れプログラムの買い入れ規模縮小を決定した際に発表した最新の予測で、インフレ率見通しを21年が2.2%、22年が1.7%、23年が1.5%とし、それぞれ1.9%、1.5%、1.4%から引き上げている。

マクルーフ総裁は「一部のECB当局者は見通しは過度に悲観的との見方を示している」と指摘。インフレが目標を上回るとの証拠が出れば政策担当者は対応するとし、ECBが看過することはないと述べた。

その上で、新型コロナウイルス禍からの底堅い回復が確実に継続するよう、ECBが当面は緩和的な金融政策を維持することが重要になると指摘。 一時的な物価上昇に対応するために利上げを実施すればこれまでの取り組みが阻害されるとし、正しい金融・財政政策が実施されていれば、回復は十分に力強い需要に牽引され、インフレ率は中期的に2%に回帰するとの考えを示した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!