開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/10/20

蘭ASML、第3四半期の純利益が予想上回る 半導体不足で

ロイター

photo

[アムステルダム 20日 ロイター] - オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングが20日発表した第3・四半期決算は、純利益が17億4000万ユーロ(20億ドル)と、市場予想を上回った。

世界的に半導体が不足する中、半導体装置の需要が高まった。

リフィニティブによると、市場予想は16億ユーロだった。

売上高は52億4000万ユーロ。

前年同期の純利益は11億ユーロ、売上高は39億6000万ユーロだった。

ピーター・ウェニンク最高経営責任者(CEO)は「需要は引き続き多い」と指摘。デジタルトランスフォーメーション(DX)や半導体不足を背景に、ロジック半導体・メモリー半導体とも、足元の需要や予想される将来の需要に対応するため、生産能力を増やすニーズが高まっているという。

同社は、第4・四半期の売上高を49億─52億ユーロ、粗利益率を51─52%と予測。同CEOは、通期の増収率目標を35%で据え置いた。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!