開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/10/26

22年サンマ漁獲枠、据え置き=最低15万トン、回復見通せず―水産庁

時事通信社



水産庁は26日、2022年のサンマ漁獲枠を過去最低だった21年と同じ15万5335トンに据え置く案を公表した。21、22年は年間漁獲量の上限を同数とする国際合意を受けた措置。深刻な不漁に見舞われる中、枠を抑えて資源保護の徹底を図るが、漁獲量回復は見通せない。来月に開く水産政策審議会(農林水産相の諮問機関)の資源管理分科会を経て、正式決定する。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!