開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/11/30

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足や値引き減で

ロイター

photo

[29日 ロイター] - 米感謝祭後に展開されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」が29日始まった。今年は世界的なサプライチェーン混乱に伴う商品不足や値引きの減少などが響き、売り上げは減速する公算が大きい。

アドビ・デジタル・インサイツの試算によると、今年のサイバーマンデーの米消費額は102億─113億ドル。中央値では2020年の108億ドルからほぼ横ばいの伸びにとどまる見込み。昨年は前年比約15%増だった。

アドビの最新のデータによると、米年末商戦の幕開けとなる「ブラックフライデー」のネット通販の消費額は約89億ドルと、前年の90億ドルから減少。ネット通販の減少は初めて。

小売各社が利益率の確保やクリスマスに向けた適切な在庫管理を目指し、販促セールの期間を集中させず、数週間にわたり展開していることも影響しているもよう。

セールスフォースによると、サイバーマンデーまでの1週間の米国での値引率は前年比平均で8%低かった。

マスターカードのスペンディングパルスが公表したデータでは、26─28日の実店舗を含む米消費額(自動車除く)は前年比14%増加。ネット通販の消費額は前年同期比で5%増、19年同期比で28.7%増加した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!