開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/12/09

独輸出、10月は前月比+4.1% 1年強ぶりの伸び

ロイター

photo

[ベルリン 9日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が9日発表した10月の貿易統計は、製造部門で供給制約が続いているにもかかわらず、輸出の伸びが1年強ぶりの大きさとなった。

季節調整済みの輸出は前月比4.1%増。9月と8月は減少していた。伸び率は市場予想(0.9%)を上回った。

輸入も5%増と、予想の0.4%増を上回った。9月改定値は0.4%増だった。

バンクハウス・ランペのエコノミスト、アレキサンダー・クルーガー氏は、自動車セクターでのキャッチアップ効果が輸出の数字を押し上げた可能性が高いと述べた。

VPバンクのチーフエコノミスト、トーマス・ギッツェル氏は「原材料が再び十分な量で供給されるようになれば、企業は受注残をこなすことができるだろう」と指摘。「しかし、まずは原材料不足による『干ばつ』を乗り切らなければならない」と述べた。

ドイツ商工会議所(DIHK)は輸出の伸びについて、今年が7.5%、来年が7%になると予想している。

10月の貿易黒字は125億ユーロ(141億6000万ドル)と、9月改定値の129億ユーロから減少した。市場予想は134億ユーロだった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!