開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/26

NY外為市場=ドル上昇、FOMC議事要旨が利上げ見通し確認

ロイター

photo

[ニューヨーク 25日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。午後に入り発表された米連邦公開市場委員会(FOMC) 議事要旨が、短期的な利上げ見通しを確認する内容となったことを受け、ドルは一時の上げの大半を維持した。

米連邦準備理事会(FRB)が公表した5月3─4日のFOMC 議事要旨は、大半の参加者が6月と7月の会合でそれぞれ0.50%ポイントの追加利上げを行うことが「適切」との見解を示したことが分かった。

BMOキャピタル・マーケッツの副チーフエコノミスト、マイケル・グレゴリー氏は「今後2カ月間に50bpの利上げを2回実施するため、FRBは手札を準備しつつ、見通しとリスクがどう展開するか見極めた上で、強力な政策シグナルを発する公算が大きい」と述べた。

終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.285%高の102.04。FOMC議事要旨発表直後、小幅下落する場面もあった。

ユーロは0.42%安の1.0690ドル。前日は、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁が、9月末までにマイナス金利からの脱却を目指すの計画を示したことを追い風に、1カ月ぶりの高値を付けていた。

複数のECB当局者は25日、ラガルド総裁の計画に相次いで支持を表明。しかし、ハト派の重鎮とされるパネッタ専務理事は懐疑的な見方を示し、一線を画した。

ユーロはスイスフランに対しても0.34%下落。スイス国立銀行(中央銀行)当局者がこのところ、金融引き締めに動く可能性を示唆していることが材料視された。

ニュージーランドドルは一時0.8%上昇し、3週間ぶりの高値となる0.6514米ドルを付けた。その後は上げ幅を縮小し、0.3%高の0.6480米ドルで推移した。

ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は25日の金融政策決定会合で、政策金利のオフィシャル・キャッシュレート(OCR)を50ベーシスポイント(bp)引き上げて2.0%にすることを決めた。政策金利が従来の想定よりも高い水準でピークを打つとの見通しも示し、積極的な利上げの継続を示唆した。

ドル/円 NY終値 127.31/127.34

始値 127.15

高値 127.49

安値 126.81

ユーロ/ドル NY終値 1.0680/1.0684

始値 1.0664

高値 1.0694

安値 1.0643

米国・金融市場概要http://apac1.apps.cp.extranet.thomsonreuters.biz/Apps/CountryWeb/?s=GCR01%206J%206&st=Menu%20G%20C#/6J/financial-marketsドル/円http://apac1.views.cp.extranet.thomsonreuters.biz/Explorer/Default.aspx?s=JPY%3D&st=RICユーロ/ドルhttp://apac1.views.cp.extranet.thomsonreuters.biz/Explorer/Default.aspx?s=EUR%3D&st=RICユーロ/円http://apac1.views.cp.extranet.thomsonreuters.biz/Explorer/Default.aspx?s=EURJPY%3D&st=RIC日本語ニューストピックガイドhttp://apac1.apps.cp.extranet.thomsonreuters.biz/cms/?pageId=jp-news-topic-guideFOREX-Dollar rises as Fed minutes confirm near-term rate hike expectations「大半」が6月と7月に0.50%の利上げ適切と予想=FOMC議事要旨WRAPUP 1-ラガルド総裁のマイナス金利脱却計画、ECB当局者の支持拡大世界金融政策は新局面、引き締めに移行=スイス中銀総裁UPDATE 2-NZ中銀、政策金利を50bp引き上げ 積極的な利上げ継続示唆

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!