• 2022/08/08 掲載

午後3時のドルは135円前半で堅調、一時1週間半ぶり高値

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[東京 8日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の終盤から小幅ドル高/円安の135円前半。前週末の米雇用統計でドルが買われた流れを引き継ぎ、東京でも一時135.58円まで上昇。5日高値を小幅に上抜け、7月28日以来1週間半ぶり高値をつけた。

週明けのドルは135円前半で取引が始まり、底堅い展開が続いた。米雇用統計で急上昇した米10年債利回りは、アジア市場でも2.8%台と半月ぶり高水準を維持。実需の買いに加え「ドルの下値を支える一因になった」(外銀)という。

米雇用統計は労働参加率が前月から0.1%低下したことを除くと、大半の項目が予想を上回り、過去分も上昇修正されるなど、極めて好調な結果となった。市場では、9月連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ幅は0.75%になるとの見方が一気に広がり、米金利とドルが急上昇した。

しかし、同時に発表された家計調査によると、7月の労働力人口は前月比6万3000人の減少。6月の35万3000人減からは大きく持ち直したものの、労働市場の縮小が継続していることを示唆した。

バークレイズでは、この家計調査の結果は、他の経済指標が示す足元の景気減速と「より整合的だ」と指摘。事業所調査である非農業部門の雇用者数は大幅に増加したが「経済の基調的な強さについて、過剰な推論を導くことには慎重だ」と分析している。

ドル/円   ユーロ/ドル ユーロ/円

午後3時現在 135.20/22 1.0185/89 137.72/76

午前9時現在 135.05/07 1.0171/75 137.37/41

NY午後5時 134.97/00 1.0181/85 137.41/45

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます