• 2022/08/17 掲載

NY外為市場=ドル横ばい、17日公表のFOMC議事要旨待ち

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[ニューヨーク 16日 ロイター] - ニューヨーク外為市場でドルが主要通貨バスケットに対しほぼ変わらず。市場参加者は17日に公表される7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や小売売上高統計に注目している。

フォレックスライブのチーフ為替アナリスト、アダム・バトン氏は「米株価上昇に連れて米連邦準備理事会(FRB)の利上げ余地が広がっている」と述べた。INGのアナリスト、パドレイク・ガーベイ氏も、金融状況はFRBが利上げに踏み出す前の4月の状態に戻っていると指摘。FRBにとってはほぼ振り出しに戻ったようなものだとし、「この状況を転換させなければ、より厳しい措置を講じる以外に選択肢はなくなるだろう」と述べた。

米金利先物市場では、9月の0.50%ポイント利上げの確率を60%、0.75%ポイント利上げを40%という見方が織り込まれている。

16日発表された米指標では、7月の住宅着工件数が昨年2月以来約1年半ぶりの低水準となった。一方、7月の鉱工業生産指数は製造業が前月比0.7%上昇と、市場予想を上回った。

終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.02%高の106.48。

ユーロ/ドルは0.10%高の1.0169ドル。独欧州経済センター(ZEW)が16日発表した8月のドイツ景気期待指数が前月から低下したことを受け、ユーロは一時、3日以来の安値となる1.0121ドルに沈む場面もあった。

ドル/円は0.69%高の134.22円。

豪ドルは対米ドルでの一時の下げから切り返し、横ばいで推移。オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は16日公表した8月の理事会議事要旨で、インフレ期待を抑制するため追加利上げが依然として必要との見解を示しつつも、事前に設定された道筋はなく、経済の安定維持が目的だと指摘した。

米ドルは対カナダドルで0.43%下落。7月のカナダ消費者物価指数(CPI)は、前年同月比で7.6%上がり、上昇率は6月の8.1%からやや鈍化した。食品価格が急上昇したものの、ガソリン価格の伸びが大幅に鈍化し、全体を押し下げた。しかし、大幅利上げは引き続き見込まれている。

ドル/円 NY午後4時 134.19/134.20

始値 134.19

高値 134.67

安値 134.17

ユーロ/ドル NY午後4時 1.0168/1.0172

始値 1.0131

高値 1.0194

安値 1.0123

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます