• 2022/08/19 掲載

米新規失業保険申請25万件、予想外の小幅減 労働市場なお逼迫

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。


[ワシントン 18日 ロイター] - 米労働省が18日に発表した13日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比2000件減の25万件と、予想外に小幅減少した。ロイターがまとめたエコノミスト予想は26万5000件だった。

6日までの1週間の失業保険申請件数も当初発表から1万件下方改定。利上げによって労働市場の勢いは弱まっているものの、依然として逼迫していることが示された。

オックスフォード・エコノミクスの米国担当エコノミスト、マヒル・ラシード氏は「解雇が広範囲におよぶとの懸念はまだ実現していない」と指摘。「インフレと経済成長に関する不確実性は高まっているにもかかわらず、経済見通しはなお比較的明るく、労働需要が労働供給を大きく上回っているため、申請件数の急上昇は見込みにくい」と述べた。

申請件数はエコノミストが労働市場の減速を示唆するとみている27万─30万件を引き続き大幅に下回っている。

調整前の申請件数は4536件減の19万1834件。マサチューセッツ州で急増した一方、カリフォルニア州、オハイオ州、テキサス州、ジョージア州で大幅に減少した。

13日までの1週間の申請件数は、8月の雇用統計の非農業部門雇用者数に関する事業所調査期間と重なっている。申請件数は7月の調査期間に比べて減少した。7月の非農業部門雇用者数は52万8000人増だった。

6日までの1週間の継続受給件数は、前週比7000件増の143万7000件だった。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます