ゼットスケーラー株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/01/15 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
三井不動産は、総合不動産デベロッパーとして、国内の不動産業界で売上トップを維持し続けている。グループ会社の多さも知られるところだが、大小異なる会社を有するからこそ、セキュリティ対策をどう進めるべきか、困難を極める。その上、不動産業界特有のセキュリティ事情も重なってくる。こうした中、三井不動産はいかにしてグループ全体のセキュリティを高めているのだろうか。今回は、セキュリティチームのキーパーソンに、現場目線での対策と運用について話を聞いた。

100社超えのグループを守る「2つのポイント」

 三井不動産は2018年5月、長期経営計画「VISION 2025」を発表。2025年における連結営業利益約3,500億円、海外事業利益約30%を目指してさまざまな施策に取り組んでいる。その中で掲げているテーマの1つが「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」だ。

 これは、デジタル技術を使って事業変革、働き方変革を推進するDXの取り組みである。そして、それを支える基盤の1つに位置付けているのが「サイバーセキュリティ」である。深刻化するサイバー脅威、被害が発生した際のインパクトを考えると十分納得できるが、同社のセキュリティ対策には、特長的な2つのポイントが存在する。

 1つは、通常のITセキュリティに加えて、建物の入退室などの物理的セキュリティ、エレベーターや空調、カメラなどの制御系のセキュリティも必要になることだ。これは、不動産業に特有のポイントだろう。そしてもう1つが、セキュリティ施策の対象としているグループ会社が100社を超えているということだ。大小異なる100社超のセキュリティ対策をどう立案・実践していくかは難題である。

 同社のセキュリティ部門は、この難しい問題にどのように取り組んでいるのだろうか。

この記事の続き >>

  • ・独特すぎる「不動産」業界のセキュリティ事情
    ・サイバーセキュリティ対策の「5つの重点方針」
    ・課題:大小異なる100社超をどう守る?
    ・現場目線で感じた、セキュリティ対策の「2つの成果」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます