Security Management Conference 2023 Winter 協賛各社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/14 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
サイバー攻撃の脅威は増大しており、個人や企業のみならず、国家の安全保障においても重大な懸念事項となっている。特に北朝鮮や中国からのサイバー攻撃に関する報道は日常的になっており、たとえば北朝鮮については2022年だけでも6億3,000万ドル(約930億円)から10億ドル(約1,477億円)相当以上の暗号資産を、サイバー攻撃で盗み取ったと言われている。では日々、進化・高度化するサイバー脅威に、国はどのように対処するのか。防衛省 大臣官房 サイバーセキュリティ・情報化審議官の中西 礎之氏に話を聞く。

サイバー攻撃に「国を挙げて徹底対抗」を意思表示

 防衛省は、国防をつかさどり、自衛隊の管理・運営も担う行政機関だ。そんな防衛省・自衛隊では現在、サイバー安全保障能力の強化が課題になっている。防衛省 大臣官房 サイバーセキュリティ・情報化審議官の中西 礎之氏はこう語る。

「2022年12月に閣議決定された国家安全保障戦略では、サイバー安全保障能力を強化していく方針が打ち立てられました。サイバー空間の安全かつ安定した利用、特に、国や重要インフラの安全を確保するため、能動的サイバー防御の導入・実施が戦略に盛り込まれました。防衛省・自衛隊としても自らのサイバー分野における能力の強化を通じて、このようなサイバー安全保障分野に関する政府全体の取り組みに積極的に貢献する考えです」(中西氏)

 「能動的サイバー防御」は、サイバー攻撃の被害発生前もしくは被害拡大前に対抗策を講じる、というものだ。具体的には「民間事業者等がサイバー攻撃を受けた場合等の政府への情報共有や、政府から民間事業者等への対処調整、支援等」「通信事業者が役務提供する通信関連情報を活用し、攻撃者による悪用が疑われるサーバ等を検知」「重大なサイバー攻撃について、可能な限り未然に攻撃者のサーバ等への侵入・無害化ができるよう、政府に対する必要な権限の付与」だ。

 国家安全保障戦略は、サイバー攻撃に対して国全体での対応が必要である、という意思の表れでもある。周辺国をはじめとした世界各国からのサイバー攻撃の脅威が高まる中、日本の安全は守られるのか。防衛省・自衛隊の具体的な取り組みについて、高度化・巧妙化するサイバー攻撃事例や、攻撃者と国家との関係性などと併せて解説する。

この記事の続き >>

  • ・サイバー攻撃の最新「手法3つ」と「事例3つ」
    ・攻撃の裏で見え隠れする「国家との関係」
    ・防衛省・自衛隊の「3つの方針」と「4つの取り組み」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます