Security Management Conference 2023 Winter 協賛各社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/15 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
中外製薬は2020年に策定した「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」の下、DXによるビジネス革新に取り組んでいる。昨今では生成AIを積極的に活用するなど、その取り組みは先進的なものと言えよう。一方で、DX推進と同時に、サイバー攻撃などのリスクは急激に増していく。経営層やステークホルダーからもセキュリティ対策の高度化が強く求められ、盤石なセキュリティの構築は最重要課題となっている。そこで、同社 上席執行役員 デジタルトランスフォーメーションユニット長の志済 聡子氏に、中外製薬が進めるDXとサイバーセキュリティの戦略や取り組みについて話を聞いた。

1製品発売までに長い期間・多くの投資が必要

 医薬品メーカーとして国内トップクラスに位置する中外製薬は、独自のサイエンス・創薬技術力により国産初の抗体医薬を創製するなど、世界最先端の技術力を有する。一方、ビジネス上の課題として、志済氏は「1つの製品を発売するまでの期間やコスト」を挙げる。

 たとえば製薬業界全体で見ると、「臨床試験成功確率は11.8%で、かつ、臨床試験は審査期間を含めて平均96.8カ月」を要すると言われている。また、新薬は新たな効果を生むものから承認されていくため、「1製品発売までの研究開発費は、失敗コストを含めて25.6億ドル(約3,785億円)に上るという調査結果もある」」という。こうした課題をDXによって解決していくのが大きなテーマとなっているのだ。

 こうした中、同社では2020年に、「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を発表。志済氏は「臨床試験であれば、いまだに紙による煩雑なプロセスが多く残っており、ERPなどによるデジタル化で効率化できる余地は多分にあります」と話す。煩雑な業務であればあるほど効率化への期待度は高く、デジタル化により「生産性2倍」にすることを合言葉としている。

 こうしたDXを進める上で、最重要課題であるのが盤石なセキュリティの構築だ。では、同社はDXとセキュリティをどのようにして同時並行させていく戦略なのか、詳しく見ていこう。

この記事の続き >>

  • ・DX推進へ「マルチクラウド」基盤を整備
    ・「ChatGPT」を積極活用する“3領域”とは
    ・セキュリティ戦略における「3つの観点」と「2つのアプローチ」
    ・「取引先に潜むリスク」にどう対処?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます