開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • 富士通、富士通ミドルウェアと富士通大分ソフトを完全子会社化

  • 2006/12/27

富士通、富士通ミドルウェアと富士通大分ソフトを完全子会社化

シーイーシーは12月26日、同社の持分法適用会社で、富士通の子会社である2社の株をすべて富士通に売却したと発表した。


 シーイーシーは12月26日、同社の持分法適用会社で、富士通の子会社である2社の株をすべて富士通に売却したと発表した。

 株の譲渡があったのは、ソフト開発を手がける富士通ミドルウェアと富士通大分ソフトウェアラボラトリの2社。譲渡にともない、2社とも富士通の100%子会社化となる。

 株式の買い取りは富士通側よりシーイーシー側に申し出があり、富士通グループの結束とシナジーを向上させることを狙ったものとみられる。

 今後も両社は協力関係を継続していく。

※お詫びと訂正 掲載当初「すべて富士通に売却したいと発表した。」とありましたが、これは「すべて富士通に売却したと発表した。」の誤りです。ご迷惑をおかけした読者ならびに関係者各位にお詫び申し上げます。

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!