開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • マイクロソフト、Windows Vistaほか新製品群のAPIや技術文書を公開

  • 2008/02/22

マイクロソフト、Windows Vistaほか新製品群のAPIや技術文書を公開

米マイクロソフトは21日(米国時間)、同社製品の相互運用性の強化を図る原則と施策を発表した。これは主要なマイクロソフト製品に対して自由に接続できる環境などを提供するというもの。

 米マイクロソフトは21日(米国時間)、同社製品の相互運用性の強化を図る原則と施策を発表した。これは主要なマイクロソフト製品に対して自由に接続できる環境などを提供するというもの。

 この発表では大きく次の4つの原則が明示されている。1.オープンな接続の保証、2.データの可搬性の向上、3.業界標準のサポート強化、4.お客様ならびにオープンソースコミュニティを含む業界内組織とのオープンな関係の構築。

 この発表に基づき、マイクロソフトは同社のホームページ内で、Windows Vista、Windows Server 2008、Office 2007、Exchange Server 2007のAPIや通信プロトコルを公開する。まずは従来ライセンスが必要だったWindowsやWindows Serverに関する3万ページにわたる技術文書を開発者向けサイトMSDNで公開する。今後最新版についても同様に公開する方針。

 マイクロソフトのチーフ ソフトウェア アーキテクトのレイオジー氏は「当社製品群のオープン性を高めることによって、さらに多くの技術革新の機会とお客様への価値提供の機会を開発者の方々に提供しようとしています」として、欧州などでの独禁法問題を見据えた相互運用性の強化を強調した。

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!